Menu ▼



メニュー

結婚相手に選ぶべき優秀な男とダメ男の見分け方

優秀な男とは、どういう男なのかといえば、自分の生き方プライドを持ち、自分のアイディアを次々と出していけるような人間です。

男気があり、自分の信念や考え方を堂々と人に話すことができ、自分の子どもに対する教育方針もしっかりしている人です

ですから、口からネガティブな言葉が出ることはなく、常に社会と闘い続け、負けても負けても立ち上がって挑戦し続けるような男がいい男で、間違いのない結婚相手にすべき男なのです。

そのうえ、現在のような厳しい時代を生き抜いて成功するためには、何よりも行動力と実践力が必要であり、それにアイディアや企画力があれば申し分がないでしょう。

一方、ダメな男は、30歳前後になっても、「自分の好きな仕事が見出せず転々としている」「本気で打ち込めるような趣味などもない」「自分の目指すべき目標が何もない」などと恥ずかしげもなく偉そうに言っている男です。

お金の借り方は知っていても、稼ぐ能力が微塵もないのです。



結婚当初は、あなたに何でも相談して決めていることを、「何でも相談してくれてありがとう」などと楽しく言いながら、うまくやっていけるかもしれませんが、男の本質は決断力がなく頼りないということですから、この世の中、それがいつまでも続くほど甘くはありません。

夢や野心、自分はできるというプライドを捨ててしまった男は、女性の「平凡でもいいじゃない」という慰めの言葉にほっとしてしまい、そういう女性についていこうとします。

ですが、結婚すると、女性のほうもだんだんとできる男の値打ちが分かるようになってくるため、平凡な暮らしに嫌気が来るしストレスを感じるようになり、結果的にいつも夫婦喧嘩が絶えないということになるのです。
あなたは彼の顔だけしか見ていないのではないですか。

面白い話をしてくれて楽しいし、ちょっと優しくされただけで、それが恋だと錯覚しているのではないですか。

プライドもないような弱い男や決断力の全くないような男を好きになる女は、本当の恋愛などしていないのです。

女である限りホンモノの男と恋をすれば、相手に奉仕して尽くしたい気持ちになるのです。ですが、いまどきの女性の視線は、軽薄な男、弱い男、プライドのない男に、理由もなく向けられ、深く考えずに肉体関係を結び、弱い男を満足させているのです。

これでは、女性として生まれてきて、あまりにも寂しいではないですか。









お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP