Menu ▼



メニュー

結婚相手は仕事ができ場所に合った服装かどうかも観察しよう

結婚相手の選び方としては男の服装を見るのもよく、一流の男は、場所に合った服装をしており、そういう男が結婚相手として間違いのない男なのです。

近所のスーパーに行くのと高級ホテルで食事をするときと、同じ服装で行くのは論外ですが、近所の居酒屋で気軽にビールを飲むのと、パーティーに呼ばれて飲むビールは同じ銘柄であっても、出向く心構えが違うはずです。

それなのに、居酒屋と同じ服装で行くというのは常識に欠けるし、周囲に対する配慮も全くないといえるでしょう。

その場所が、どんな空間であるか理解していないか、または、分かっていても無視していて、自分には、自分のスタイルがあると自己陶酔している男がいるものです。無論、分かっていない男も最低で、どちらも人に不快感を与えていることに気づいていないのです。

女の価値は、男と違い、彼によって決定されるものです。



男の価値は、仕事で決まり、女が少々、女らしくなくても、それによって、男の仕事の評価が下がることはなく、たとえ、ブサイクな女性とつき合っていても、男はだれもそんなことでとやかく言う人はいない。


女は「男に尽くす」ことが女の本質を発揮することになりますが、逆に男が「女に尽くす」という言葉はないのです。

それは、男は自分で人生を切り開いていくもので、女に依存して生きる生き物とは違うからです、一方、女は男に人生を賭けることが多く、男の生活状況によって女の値打ちも決められてしまうのが普通です。ですから、賢い女性は、女の幸せが「いい男」に尽くすことだと分かっているのです。

ですから、あなたがどんな「いい女」であったとしても、場所にふさわしいファッションの一つもできないだらしのない男とつき合っていると、自分の価値や美しさが失墜してしまい、周囲からは「あんなつまらない男とつき合って、自分をダメにしている気の毒な女、哀れな女、バカな女」と言われてしまうのです。

人間が動物の猿と違う第一は、服を着るかどうかです。

本来、人間は服を着るのが好きではなく、服を着るのは知性がそうさせているのであり、だらしない人間ほど、動物に近くなるため、服装などどうでもよくなるのです。もともとそれが人間の本能だからです。

服装をきちんと着るというのは本能的に窮屈なことではあり、それをカバーできるのが知性ある人間なのです。

ですから、男がオーラを放つためには、服装をきちんとしていなければならないのです。









お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP