Menu ▼



メニュー

結婚相手を選ぶときのポイント

結婚相手を選ぶときの重要なポイントは、何と言っても経済力ではないでしょうか。

結婚を考えている女性にとっては、いろいろな意見があるでしょうが、最後に行き着くところは、やはり経済力であり、結婚相手の選び方のポイントもそこに尽きるのではないでしょうか。結婚後のことを考えるとお金が主になることは否定できません。

たしかに恋愛中なら、お金があろうがなかろうがさほど気にとめる必要もなく、イケメンでカッコ良く、「私のことだけ愛してくれたら、それだけでいいの」などと思っている女性も多いことでしょう。

でも、実際に家庭生活を営んで、妊娠、出産、育児をするようになれば出費も多くなり、先立つものがないと自然と夫婦喧嘩が絶えなくなってくるものです。

世の中の争いごとは国同士の戦争から夫婦喧嘩にいたるまで、すべての原因はお金の問題なのです。お金や資源がないから、いつも争わざるを得ないのです。

ですから、「愛がすべてよ」と言う人は別として、女性が本当に幸せになれる条件としては、「やる気が旺盛で将来性があり、経済力も生活能力も兼ね備えたような男」ではないでしょうか。

現在、経済力がなくても、素質才能があって、絶えることのない努力をする男は、必ず青雲の志を遂げる人なのです。

それでは、「そんなイイ男をどうやって選んだらいいの」といわれるかもしれませんが、それは、すべて男のカラダ、とくに足腰の強さに表れているのです。


たとえば木造のお寺が何百年も風雪に耐えてしっかり建っているのは、土台がしっかりしているからで、いくら建物の柱が丈夫な木を使用していたとしても、土台の木が腐ったりシロアリがついていたりすれば、地震でもあればすぐに倒壊するでしょう。



このように、建物でも、山にそびえている松の木だって、人の目につきやすい地上の部分よりも、人の目につかない地下に隠れている部分が大切な役割を果たしているのです。

人間も一緒で、松の木が地面より上の幹と地面より下の根で区分されるように、人間もへそより上が地上に該当し、へそより下が地下に該当します。

ですから、人間もへそより下に位置する足腰がしっかりしていなければならず、足腰の弱い人間では、思うように歩いたり走ることもできず、大きな活躍はできません。

もちろん、長い人生行路において、目標地点へ無事たどり着くこともできないでしょう。

男の器量が見た目だけで分かりにくい時には、下半身を見ることがポイントで、背の高さなどには関係なく、脚にしっかりした筋肉がついていれば、男としての迫力も技量も備え、将来性のある男であると判断できます。

あなたもそういう男を見極めましょう。








間違いのない結婚相手の選び方
結婚相手を選ぶときのポイント
仕事ができ人生を語れる賢い男を選ぼう
本物の男は心に余裕があり周囲の人に優しい
結婚相手は仕事ができ場所に合った服装かどうかも観察しよう
結婚相手に強い信念で未来を切り開く気力があるかどうか
恋をしてあなたを大切にしてくれる男なら間違いない
結婚相手を見た目で選ぶと大変な落とし穴がある
優しいだけの男は後で豹変することがある
女性をベッドで満足させられない男は値打ちがない
結婚相手の選び方はお金の使い方で分かる
お金の扱い方を見れば結婚相手の器量は分かる
結婚相手に選ぶべき優秀な男とダメ男の見分け方
【ビジネスから見た最高、最良の結婚相手の選び方】
すべてにスピード感を持っている男が結婚相手にはいい
「優しい男性」より「優しさのある男性」を結婚相手に選ぼう
学歴のある男性が必ずしも知性や教養あるとはかぎらない
優秀なだけではなく賭け事にも強い強運の男性を見つけよう
父や祖父が携わっていた仕事に関係のある職についている彼ならいい
人脈を持つような実力のある男を結婚相手にしよう
将来性のある未来志向型の男性を結婚相手にしよう
【男の価値を見抜く目を養おう】
否定的な言葉の多い男を結婚相手にしてはダメ
結婚相手にはつき合って得する男か、損する男かの見分け方
結婚相手は父親、母親の影響をどう受けている人かも大切
一人暮らしの経験のあるなしで微妙に違う結婚生活
男の人生に対する目的意識を知らない貧乏クジを引く
【男が結婚を考える瞬間】
「貧乏な結婚」も「セレブな結婚」もどちらも最悪のパターン
増えているマザコン男を見極め、いい男を探し出そう
男が「この女性と結婚してよかった」と思うとき
強い男は、男の本質を理解している女性と結婚したがっている
弱い男、つまり社会の役に立たない男の結婚願望には気をつけよう
結婚したがらない男を変える方法
バツイチ経験者を結婚相手に選んで良いのか?



あなた自身の本質が分かる無料の占いサイト




お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP