Menu ▼



メニュー


結婚相手の選び方はお金の使い方で分かる

お金の使い方を知っている器量のある男は、倹約は徹底的にしますが、ケチではないことです。

「お金持ちほど1円に細かい」といわれますが、それは彼らがお金の動きを熟知しているからであり、倹約するときは徹底的にしますが、いざという時には、大金を躊躇することなく使うことのできる人が、器量のある男です。

ただ、大金を躊躇なく使うといっても、ムダな出費に使うのではなく、将来の投資のため、あるいは人助けのために使える人です。

間違いのない結婚相手とは、こういう男なのです。


ケチというのは、欲しいものがあるわけでもなくケチで、趣味が貯金なのか、老後が心配なのか、日々の生活が厳しいのか、理由がハッキリしないのです。

ケチは「毎月苦しいけど、今日はキミの誕生日だから、高級料理を食べに行こう」とは言うことができず、「安くて美味しい店を知っているから、そこに行こう」と言うのです。なんと了見の狭いことでしょう。

ケチは、暑いさなかに自動販売機を探し当てて、冷たい飲み物を買おうとするときでも、150円の飲み物と100円の飲み物と迷っているのです。それは、50円違いで大の男が悩むのです。



こういう男に仕事など任せられるでしょうか。

男は、いざというときには、貯めた大金をすべて放出して勝負しなければならないときもあるのです。お金は使うためにあって、貯めるためにあるのではないのです。貯めるのは、あくまで手段なのです。

お金の使い方は目立ちますので、みんなで食事をしたり、あるいは出かけるようなことがあれば、ケチかどうかはすぐに分かります。

ケチには、仕事はできないし、出世する能力もないし、その意欲すらないのです。ケチは人生観を周囲に語ることなどできないし、アホなのです。


あなたが彼を家に連れてきて、「結婚させてください」と父親に言ったときに、父親はちょっとした彼との会話でケチの本性を見抜き、あんなアホな男はやめておけと言うでしょう。

ですが、恋は盲目で、あなたにはそれが分からないのです。

ケチとつき合っていると、あなたの考え方まで惨めになって、あなたのオーラから華やかさを奪ってしまうでしょう。

いい男は、価値のあるモノにお金を使い、自分に似合うモノを買い、世界の人たちの笑顔、子どもの未来のためにお金を使うのです。









お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP