Menu ▼



メニュー

結婚相手を見た目で選ぶと大変な落とし穴がある

男性は、理性的に相手を選びますが、女性は男性と違って、本能的な直感「カッコいい」とか「イケメン」という表面だけを見て、男性を選ぶ傾向があります。

それらの選び方は、一時的な感情で支配されることが多く、結果的にダメ男に心底尽くして人生を棒に振ることもあります。あるいは尊敬できない男と結婚して、一生苦労の連続ということが世間にはいくらでも例があります。

そこで、女性が相手を選ぶときに陥りやすいワナについて知っておきましょう。

男性は単純に女性のスタイルやファッションの良さだけで判断することはありませんが、女性は感情とかムードが先行するため、見た目のカッコ良さやスタイルなどを重視し、その男性の持つ全体的な雰囲気や生き方を直感的に感じ取って好きになることが多いようです。

しかも年齢を重ねれば重ねるほど、その傾向が強くなります。

だれだって好きで現在の体型になったわけではないのに、生まれつき、太りやすい体質であるとか、若いうちにハゲてしまうことだってあります。

男としては、思春期になれば、いろいろと顔や体型にハンディがある人も、女性にモテようとして、自分の劣等感を克服するための努力をするものです。

そのために、自分の素質才能を伸ばすことに夢中になったり、見た目をカッコよく見せるように磨いたり、あるいは自分の目的や夢の実現に情熱を燃やすこともあります。



しかし、見た目の「カッコ良い」男性は、そんなに頑張らなくても女性が寄ってくるので、逆に自分に近づいてくる女性をどう断るかに神経を使うことも多いはずです。

モテない男は、せっせと自分磨きに余念がありませんが、最初からカッコいい男は、努力をしないため、人間の中身に深さがないことが往々にしてあるのです。


こんな男性と付き合って、カラダを許してしまった後、あまりにも教養のなさや軽薄さがわかって、驚く女性が多いのです。

そのうえ、彼らは女性に優しくないのです。男が女性に優しくするのは、女性を何とかモノにしようと機嫌をとるからで、モテる男はそんなことしなくても、女性に不自由しないので、「女性から心身ともに本当に癒される」ということを理解できないのです。

ですから、見た目だけでカッコいいと思えるような男性は、結果的に女性を幸せにできるとは言えないので、しっかりチェックしましょう。







間違いのない結婚相手の選び方
結婚相手を選ぶときのポイント
仕事ができ人生を語れる賢い男を選ぼう
本物の男は心に余裕があり周囲の人に優しい
結婚相手は仕事ができ場所に合った服装かどうかも観察しよう
結婚相手に強い信念で未来を切り開く気力があるかどうか
恋をしてあなたを大切にしてくれる男なら間違いない
結婚相手を見た目で選ぶと大変な落とし穴がある
優しいだけの男は後で豹変することがある
女性をベッドで満足させられない男は値打ちがない
結婚相手の選び方はお金の使い方で分かる
お金の扱い方を見れば結婚相手の器量は分かる
結婚相手に選ぶべき優秀な男とダメ男の見分け方
【ビジネスから見た最高、最良の結婚相手の選び方】
すべてにスピード感を持っている男が結婚相手にはいい
「優しい男性」より「優しさのある男性」を結婚相手に選ぼう
学歴のある男性が必ずしも知性や教養あるとはかぎらない
優秀なだけではなく賭け事にも強い強運の男性を見つけよう
父や祖父が携わっていた仕事に関係のある職についている彼ならいい
人脈を持つような実力のある男を結婚相手にしよう
将来性のある未来志向型の男性を結婚相手にしよう
【男の価値を見抜く目を養おう】
否定的な言葉の多い男を結婚相手にしてはダメ
結婚相手にはつき合って得する男か、損する男かの見分け方
結婚相手は父親、母親の影響をどう受けている人かも大切
一人暮らしの経験のあるなしで微妙に違う結婚生活
男の人生に対する目的意識を知らない貧乏クジを引く
【男が結婚を考える瞬間】
「貧乏な結婚」も「セレブな結婚」もどちらも最悪のパターン
増えているマザコン男を見極め、いい男を探し出そう
男が「この女性と結婚してよかった」と思うとき
強い男は、男の本質を理解している女性と結婚したがっている
弱い男、つまり社会の役に立たない男の結婚願望には気をつけよう
結婚したがらない男を変える方法
バツイチ経験者を結婚相手に選んで良いのか?



あなた自身の本質が分かる無料の占いサイト




お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP