Menu ▼



メニュー

本物の男は心に余裕があり周囲の人に優しい

結婚相手の選び方で大切なのは、本物の男は、あなただけに優しいことはなく、子どもにも年寄りにも、体の弱い人にも優しさを発揮できる余裕があるということです。

国の将来に無関心、子どもの教育問題に関心がない、自分の彼女意外に優しくない、世界情勢に目を向けない、そういう彼は捨てるべきです。

男が弱くなったといっても、そうじゃない男もいて、あなたたちを本気で守ろうと必死に頑張っている男が近くにいるはずです。

家庭が天国になるのも地獄になるのも、夫婦がいかに調和するかがポイントとなります。

「古事記」にも書かれているように、「夫がまず唱え、妻これに従う」というのが、法則になるわけです。

男性は陽であり燃える火に象徴され、陽は陰の先に立ちます。
陰は受動的で、女性は陰とされます。

ですから、男性は能動的で発動的であり、女性は受動的な働きとなります。

発動的なものが先に立って、受動的なものが素直に受けて、そしてそれに従うというのが、これが天地の法則である、ということになっています。

男女の役割、あるいは生き方にしても、天地の理、あるいは陰陽の理に則った生活をするのが正しいのです。

ですから、女は男より筋力がなく、労働には向いていません。「男が外で働いて女は家を守る」というのが自然の法則であり、男と女はお互いに深く愛し合うべき存在であって、職場で男女同権だなどと言って男と張り合ったり競争することではないのです。



それがどうでしょう。

学校では女の役割など少しも教えず、男女平等という言葉だけを押し付けて、無理をさせているのです。女性は本来働くようにはできてなく、働く男を精神的に癒すことで助けるように創られているのに、それを教えようとしていません。

そんなことを言えば、逆に男尊女卑だなどと怒る人もいるでしょうが、男は男らしく、女は女らしく生きていくのが天地創造のときからの約束事なのです。

最近では、女は強くなったなどと言いますが、女が強くなったのではなく、男が弱くなってしまったのです。

男は、あなたの傍にべったりくっついていて、威厳や力を少しも見せることがないのではないですか。

そんな男があなたを本当に守ることなどできません。彼らは強い男を否定し、強いふりをしている女の子に依存した恋愛を求めるのです。そんな男が増えていくと、日本経済を回復させようという根性のある男は減少し、女性のお乳だけを追い求める男ばっかりになります。日本の国自体が危うくなるかもしれません。









お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP