Menu ▼



メニュー



お金の扱い方を見れば結婚相手の器量は分かる

お金は、その扱い方を見ただけで、結婚相手にふさわしい男かどうかの器量が分かるものです。

世間ではよく、「あの人はお金にキレイ」とか「あの人はお金にキタナイ」などと言っていますが、お金にとってはいい迷惑で、お金そのものに「キレイ」も「キタナイ」もありません。

あなたが道端にある石に転んで1万円を拾っても、あるいは汗水たらしてバイトをして1万円を稼いだとしても、1万円は1万円の値打ちしかありません。

要は1万円で、サービスやモノを買える購買力は同じなのです。

それなのに、お金の使い方で価値が決まるのは、「それをギャンブルですべて使ってしまうような使い方をしたか」とか「貯めたお金を有効利用してお金を殖やしたか」、あるいは「貯めたお金をすべて東日本大震災の被害者に寄付したか」などによるのです。

あなたが昼夜の別なく、昼はバイトにいそしみ、夜は夜でスナックで働くなど苦労に苦労を重ねて得たお金を、無駄な出費を極限まで切りつめ、そして節約を重ね、やっと100万円が貯まったと思いきや、その100万円を一晩で気前よく使ったと聞けば、何でそんな馬鹿なことをしたのだろうと、普通の人は思うでしょう。

ですが、ここで大事なのは、その100万円をどのように貯めたかではなく、その100万円をどのように使ったかということです。

なぜなら、その100万円は将来、事業を起こす際の投資に使ったのか、あるいは、その100万円は人を助けるために使ったのか、あるいは会社の命運を分ける出費かもしれません。決して無駄遣いとは言えない使い方もあるのです。



「苦労して貯めたお金なのだから大事に使うべきだ」という考え方は、お金を自分が支配していると思っていても、本当はお金に支配されているとも考えられます。

要は、そのお金の使い方が大切なのであって、貯め方ではありません。


人によっては、非常にきまじめで手堅い生き方を目指し、ギャンブルをするとか遊びにお金を一切遣うようなことはせず、そのうえ無駄な出費を一切しない人もいます。

そういう人は、お金を貯めるだけ貯めて、それを有効活用せず、貯めるのが目的になっているような場合も、お金の扱い方を知らない人です。

お金は有効に使えば使うほど、自分の財布に何倍にもなって返ってくるもので、「お金」を大切に扱う人を、「お金」はしっかりと見ているのです。

お金は天下の回りモノと言われるように、お金は有効に使えば使うほど、形を変えて自分に戻ってくるのです。

財布の紐を締めているだけでは、お金は泣いています。お金にとって財布の中は牢獄のようなものです。









お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP