Menu ▼



メニュー

優しいだけの男は後で豹変することがある

よく「女性は結婚する相手はどんな人がいいですか」という質問アンケートがありますが、たいていは「優しい人」というのが上位に上がっていますね。

ドメスティックバイオレンスの反対で、優しい男性というのは、確かにか弱い女性にとっては、この上ない居心地の良さがあるでしょう。

そして、こんな優しい男性に一生愛され続けたいと思うのも無理ありません。

ですが、男というのは、女性が男の優しさに弱いのを知っているので、女性としては見かけの優しさに騙されてはいけません。

どんなに兇悪な男でも、女性を落とそうと思っているときには、閻魔顔も仏さんのような優しい顔を作って女性に近づくのです。


これは、ある種、男の本能であり、女性をモノにしようと思うときには、優しい心のこもったメールを何回も送ったり、デートのときには優しい言葉をこれでもかというぐらい連打してくるのです。

ですが、これらは本当の優しさではなく、あなたを得るための欲望がそうさせているだけなのです。

それでもかまわないとあなたは思うかもしれないが、男によっては、あなたのカラダを得た後はすっかり態度を豹変してきます。




それは、「釣った魚に餌はやらない」ということで、もうあなたに「やさしい餌」を与える必要がなくなったのです。

女性のなかには、男の本性を最後まで見抜けないために、そういうつまらない男に尽くして、自分のほうを振り向かせようとしますが、こんな男に尽くすだけムダなのです。

ですから、そういう男は、女性をハントするためには、だれかれかまわず優しく振る舞って、注意を惹こうとしますが、女性を得るのに効率のよい方法と言えるかもしれない。

本当に優しい男というのは、老若男女を問わず、だれにでも優しく接するものであり、また人だけでなく、環境にも配慮できるような大きな人間味溢れる優しさを持った人なのです。

こういう男性なら、どんな女性にもモテるでしょうから、浮気が心配になるかもしれませんが、それぐらいの優しさを持った人でないと、結婚相手には選んではダメなのです。ふつうの男は自分の欲望が満たされたら、急に冷たくなるのです。







間違いのない結婚相手の選び方
結婚相手を選ぶときのポイント
仕事ができ人生を語れる賢い男を選ぼう
本物の男は心に余裕があり周囲の人に優しい
結婚相手は仕事ができ場所に合った服装かどうかも観察しよう
結婚相手に強い信念で未来を切り開く気力があるかどうか
恋をしてあなたを大切にしてくれる男なら間違いない
結婚相手を見た目で選ぶと大変な落とし穴がある
優しいだけの男は後で豹変することがある
女性をベッドで満足させられない男は値打ちがない
結婚相手の選び方はお金の使い方で分かる
お金の扱い方を見れば結婚相手の器量は分かる
結婚相手に選ぶべき優秀な男とダメ男の見分け方
【ビジネスから見た最高、最良の結婚相手の選び方】
すべてにスピード感を持っている男が結婚相手にはいい
「優しい男性」より「優しさのある男性」を結婚相手に選ぼう
学歴のある男性が必ずしも知性や教養あるとはかぎらない
優秀なだけではなく賭け事にも強い強運の男性を見つけよう
父や祖父が携わっていた仕事に関係のある職についている彼ならいい
人脈を持つような実力のある男を結婚相手にしよう
将来性のある未来志向型の男性を結婚相手にしよう
【男の価値を見抜く目を養おう】
否定的な言葉の多い男を結婚相手にしてはダメ
結婚相手にはつき合って得する男か、損する男かの見分け方
結婚相手は父親、母親の影響をどう受けている人かも大切
一人暮らしの経験のあるなしで微妙に違う結婚生活
男の人生に対する目的意識を知らない貧乏クジを引く
【男が結婚を考える瞬間】
「貧乏な結婚」も「セレブな結婚」もどちらも最悪のパターン
増えているマザコン男を見極め、いい男を探し出そう
男が「この女性と結婚してよかった」と思うとき
強い男は、男の本質を理解している女性と結婚したがっている
弱い男、つまり社会の役に立たない男の結婚願望には気をつけよう
結婚したがらない男を変える方法
バツイチ経験者を結婚相手に選んで良いのか?



あなた自身の本質が分かる無料の占いサイト




お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP