Menu ▼



メニュー

仕事ができ人生を語れる賢い男を選ぼう

結婚相手を選ぶための条件を結論から言えば、女性を育てられ仕事のできる男であり、人生を語れる男ではないでしょうか。

女を育てられるというと、男と女は対等であり、男に教わったり育ててもらうようなことは何もないという女性が必ずいるものですが、男と女の本質を知ると、女は男に教え導かれて一人前の人間になるということが分かるはずです。

間違ってもニートや仕事のできない男とつき合ってしまうと、その男から何が学べるというのでしょう。貧乏な暮らし方と仕事のできないやり方を学ぶぐらいでしょうが、こんなのは学んだというのではなく、堕落の道へ一歩踏み込んだだけです。

恋愛は自由ですから、「好きだからそれでいいじゃない」と言うかもしれませんが、それが通用するのは若いうちだけで、歳をとってきたら、グチばかりの人生が待っていて、死ぬまで後悔し続ける人生になるのです。

ここでは、間違いのない結婚相手の賢い男の選び方を説明しましょう。



1 仕事のできる男

仕事が続かないとか、転職を繰り返してしまうような男は、何の素質才能もなく、ただ働くのが嫌なだけです。そういう人が好きな仕事に就けたら続くのではないかと思われるかもしれませんが、もともと才能がない者は好きな職に就くことなどありえないのです。

ただ、責任感の強い男であれば、好き嫌いに関係なく頑張るでしょうが、仕事をすぐにやめるような男に、適職などないし働く意欲がないだけです。


2 人生を語れる男

男は世の中と戦って自立する生き物であり、そのため、大人になるにしたがって、世の中のさまざまな矛盾や偽善を見抜くことのできる知恵を持つようになり、それが社会への不満になることがあります。

また、新聞記事を見ては各国で起きている戦争を嘆いたり、あるいは身近な殺人事件などに哀しんだりしますが、そういう男は、戦っているだけでなく、優しい人間性も持ち合わせた素敵な男性です。

ニュースを見て、「靖国神社の参拝問題」、「尖閣諸島問題」、「竹島の日本の領土問題」、「北朝鮮の拉致事件」などを語れないとダメです。男にとっては、「好き」とか「嫌い」、あるいは「興味がない」などという問題ではなく、日本人として知っておくべき常識です。

これらは、将来、子どもに語り継がれていくべき性格のもので、男としては必死に勉強し自分の信念として妻に伝え、そして、妻はそれを自分の子どもに伝えていく義務があるのです。人生を語る男は、そこまで深く考えてあなたに伝えているのです。








お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP