Menu ▼



メニュー

結婚相手に強い信念で未来を切り開く気力があるかどうか

男は「陽」の本質があって、前に進んで果敢に挑んでいくことを本質とし、女は「陰」となって、控え目に男より一歩下がっているのが本来の性質です。

ですから、陽の本質を発揮した間違いのない一流の男は、仕事中心の生活をしていて、趣味にも大金を費やしていて、子どもの人間教育にも熱心さがあり、強い信念で自分の未来を切り開いていこうとする気力が旺盛なのです。

そういう男は、女性の本質を好むため、一歩控えた女性を好きになるのです。

女性にリードしてもらうのが楽しいという男もいますが、こういう男は、仕事もたいしてできず、自分の給料だけで妻子も養えず、強い信念も責任感も持たず、女性との性的欲求だけが盛んなつまらない男なのです。

子どもの性差を重要だと思えば、強い勇気を子どもに見せなければならないと思いますが、そんなことに関心のない男は彼女や妻の前で、弱気や醜態を晒しても平気なのです。

男の強さを前面に出して、男の子は男らしく強く、女の子は女らしく優しく育てたいと思っているから、強い父親を演じる必要があり、それを支えるためには、女性は男より一歩下がって男を尊敬しなければ、本当の男と女の関係、つまり天地に則った正しい夫婦関係は成り立たないのです。



男に「今日は体に触れさせない」とか、「今月の小遣いは1万円よ」という屈辱を与えたいのなら、弱くてお金のない男を探せばいいでしょう。

本当の一流の男に愛されたいのなら、「かわいい女」になって、道徳や公共マナーを学び、また、美しく女らしくなって、男を立てる女性になることです。

あなたが、一歩下がるか下がらないかは、相手の男の価値によって変わるのです。

弱くて、お金もなくて、子どもの未来も考えないような男の前で、一歩下がる必要などないのです。

「お金がない男は弱い」もので、首がない人間と同じで、行く方向が定まらないようなものです。もちろんお金が人生の全てではありませんが、男として生まれてきて、お金を稼がないのは、男としては失格です。なぜなら、妻子が養えず、子どもの教育も満足にできないことを意味しているからです。

もし、あなたが交通事故を起こしたとか、その他何かのトラブルに巻き込まれたときに、お金があればほとんどのことが解決しますが、彼にお金がなければ、口でいくら同情しても、何の助けにもならないのです。これが現実です。

信念もあって、仕事もでき、そして強い父親像を持っている男は、一流の男であり、そういう男の前では、女性も一歩下がって尽くしてあげるだけの価値があるのです。








お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP