Menu ▼



メニュー

結婚相手に強い信念で未来を切り開く気力があるかどうか

男は「陽」の本質があって、前に進んで果敢に挑んでいくことを本質とし、女は「陰」となって、控え目に男より一歩下がっているのが本来の性質です。

ですから、陽の本質を発揮した間違いのない一流の男は、仕事中心の生活をしていて、趣味にも大金を費やしていて、子どもの人間教育にも熱心さがあり、強い信念で自分の未来を切り開いていこうとする気力が旺盛なのです。

そういう男は、女性の本質を好むため、一歩控えた女性を好きになるのです。

女性にリードしてもらうのが楽しいという男もいますが、こういう男は、仕事もたいしてできず、自分の給料だけで妻子も養えず、強い信念も責任感も持たず、女性との性的欲求だけが盛んなつまらない男なのです。

子どもの性差を重要だと思えば、強い勇気を子どもに見せなければならないと思いますが、そんなことに関心のない男は彼女や妻の前で、弱気や醜態を晒しても平気なのです。

男の強さを前面に出して、男の子は男らしく強く、女の子は女らしく優しく育てたいと思っているから、強い父親を演じる必要があり、それを支えるためには、女性は男より一歩下がって男を尊敬しなければ、本当の男と女の関係、つまり天地に則った正しい夫婦関係は成り立たないのです。



男に「今日は体に触れさせない」とか、「今月の小遣いは1万円よ」という屈辱を与えたいのなら、弱くてお金のない男を探せばいいでしょう。

本当の一流の男に愛されたいのなら、「かわいい女」になって、道徳や公共マナーを学び、また、美しく女らしくなって、男を立てる女性になることです。

あなたが、一歩下がるか下がらないかは、相手の男の価値によって変わるのです。

弱くて、お金もなくて、子どもの未来も考えないような男の前で、一歩下がる必要などないのです。

「お金がない男は弱い」もので、首がない人間と同じで、行く方向が定まらないようなものです。もちろんお金が人生の全てではありませんが、男として生まれてきて、お金を稼がないのは、男としては失格です。なぜなら、妻子が養えず、子どもの教育も満足にできないことを意味しているからです。

もし、あなたが交通事故を起こしたとか、その他何かのトラブルに巻き込まれたときに、お金があればほとんどのことが解決しますが、彼にお金がなければ、口でいくら同情しても、何の助けにもならないのです。これが現実です。

信念もあって、仕事もでき、そして強い父親像を持っている男は、一流の男であり、そういう男の前では、女性も一歩下がって尽くしてあげるだけの価値があるのです。







間違いのない結婚相手の選び方
結婚相手を選ぶときのポイント
仕事ができ人生を語れる賢い男を選ぼう
本物の男は心に余裕があり周囲の人に優しい
結婚相手は仕事ができ場所に合った服装かどうかも観察しよう
結婚相手に強い信念で未来を切り開く気力があるかどうか
恋をしてあなたを大切にしてくれる男なら間違いない
結婚相手を見た目で選ぶと大変な落とし穴がある
優しいだけの男は後で豹変することがある
女性をベッドで満足させられない男は値打ちがない
結婚相手の選び方はお金の使い方で分かる
お金の扱い方を見れば結婚相手の器量は分かる
結婚相手に選ぶべき優秀な男とダメ男の見分け方
【ビジネスから見た最高、最良の結婚相手の選び方】
すべてにスピード感を持っている男が結婚相手にはいい
「優しい男性」より「優しさのある男性」を結婚相手に選ぼう
学歴のある男性が必ずしも知性や教養あるとはかぎらない
優秀なだけではなく賭け事にも強い強運の男性を見つけよう
父や祖父が携わっていた仕事に関係のある職についている彼ならいい
人脈を持つような実力のある男を結婚相手にしよう
将来性のある未来志向型の男性を結婚相手にしよう
【男の価値を見抜く目を養おう】
否定的な言葉の多い男を結婚相手にしてはダメ
結婚相手にはつき合って得する男か、損する男かの見分け方
結婚相手は父親、母親の影響をどう受けている人かも大切
一人暮らしの経験のあるなしで微妙に違う結婚生活
男の人生に対する目的意識を知らない貧乏クジを引く
【男が結婚を考える瞬間】
「貧乏な結婚」も「セレブな結婚」もどちらも最悪のパターン
増えているマザコン男を見極め、いい男を探し出そう
男が「この女性と結婚してよかった」と思うとき
強い男は、男の本質を理解している女性と結婚したがっている
弱い男、つまり社会の役に立たない男の結婚願望には気をつけよう
結婚したがらない男を変える方法
バツイチ経験者を結婚相手に選んで良いのか?



あなた自身の本質が分かる無料の占いサイト




お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP