Menu ▼



メニュー

AVを堂々と借りられない男を選んではいけない

性に対する興味は、老若男女を問わず、だれしも持っているのが当たり前です。

色恋沙汰の嫌いな人はいません。

よくAVを借りようとするときに、ほかのビデオにはさんで出すような男がいますが、たかがAVを借りるぐらいで、ビクビクするような男では、どうしようもありません。

それは男としての自信がないからです。

こんな男を結婚相手に選んではいけません。


こういう世界は、一昔前なら、やや好きモノのおじさんぐらいに見られていましたが、これだけビデオが普及して、インターネットでも手軽に見ることができるような時代になったわけですから、スケベなおじさんだと思われることもなくなりました。

そういうものに興味がないほうが、よほど異常なのではないでしょうか。

むしろ堂々と借りられるかどうかが大事です。

こういうビデオを堂々と借りられない男は、性に対してどこか偏見を持っている可能性があります。

性は男と女の永遠のテーマであり、性を征服することが結果的に夫婦生活を穏やかに営むことができる秘訣なのです。



男女の愛情は、どんなにまじめな人間であろうと、どんなに偏屈な人間であろうと、性を抜きにして語ることができないように、性は男と女のふたりだけの親密なドラマをつくることに貢献するのです。

また、性は自分の誕生とも密接な関係を持っているから神聖な行為なのです。

ですから、AVを堂々と借りられない男は、女性が「こういうことをしたい」「あんなこともしたい」と思ったときに、「女性がそんなはしたないことを言うものじゃない」と言うのです。

AVを堂々と借りることのできる男は、自分自身に自信を持っていることと、「性」に対してしっかりした信念を持っていますので、こそこそ借りるようなことはしないのです。

また、相手の女性がどういう考えを持っていたとしても、それを素直に認めて受け入れるだけの度量もあるのです。

これは、性だけの問題を言っているのではなく、自分の価値観をしっかり確立しているかどうかを問題にしているのです。

大きな価値観をもっていない人は、新しい価値観を受け入れることができないため、「性」に対して持っている女性の価値観を理解することができず、恋愛が破綻してしまうことがあるのです。









お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP