Menu ▼



メニュー

才能のない人間が有能な男に変身することはない

世の中には、努力の結果、才能が開花したなどと言われることがありますが、それはもともとあった才能が努力によって実っただけで、才能のない者は、100年努力しても才能が身に付くことはありません。

それでは、才能は一部の者にしか与えられていないのかといえば、決してそんなことはなく、人は生まれてきた以上、社会のお役に立つように、それなりの素質や才能が与えられているのですが、それを自分自身で見つける努力をしていないだけなのです。

男のタイプを大きく分けると、次の4つのタイプに分けられます。

@ 素質や才能に見るべきものがないだけでなく、信念や根性もなく努力もしない。
A 素質や才能に見るべきものがあっても、信念や根性がなく努力もしない。
B 素質や才能に見るべきものはないが、信念や根性があって努力を惜しまない。
C 素質や才能に見るべきものがあり、そのうえ志が高く人一倍努力をする。

だいたい、この4つのどれかに該当するものですが、もちろん、この社会で大きな成功を収めるためには、Cのタイプの男でないとダメです。

Cのような男が間違いのない結婚相手になるのです。


だいたいの人は、AとBに該当することが多く、@に至っては、どうにも救いようがない男と言えるでしょう。

結婚をすると、「あの旦那も痩せこけて貧相な顔をしていたのに、何か風格がでてきたね」などと噂をすることがありますが、男は誰でも結婚すると妻の手料理をきちんと食べるようになり、単に太ってきただけであり、素質才能とはまったく関係ありません。



そんな奇跡は起こらないのです。

あるいは、独身の時には、ギャンブルにのめり込んでかなりの借金をしていたのに、「最近では、何かアルバイトみたいなことを始めて少し大人になってきたようだ」などと言われる男もいるでしょうが、これなどは最低ラインが少し上がっただけです。

働くのは当たり前なのに、遊び人が少し仕事をしただけで、相当ランクアップするのは、おかしな話です。以前が低すぎたのです。

女性のなかには、彼が「結婚してからは浮気もせず、借金もしなくなった」などと喜ぶ人もいますが、そんなことは当たり前であって、男に騙されているのです。

ここで言いたいのは、男の本質は最初に説明したように@〜Cのどれかに当てはまり、結婚をしてから、素質才能が伸びて所得が倍増することなどないのです。

もし、倍増するような彼なら、始めからそれだけ大きな器を持っていたのです。









お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP