Menu ▼



メニュー

「きみは、どうしたい?」と訊く男を結婚相手にしてはダメ

デートをしているときに、女性に「どうしたい?」と訊く男がいますが、一見、女性の意見を尊重してやさしいように感じられますが、これほど決断力のない男はいないし責任転嫁をしているだけです。

こんな男を結婚相手にすべきではありません。


もっと具体的に言えば、あなたが彼とデートしている時に、あなたが
「今日はどこのレストランで食事をしようか?」
「今日のどこで時間を過ごそうか?」
「今日はドライブにする、それとも映画でも観ようか」
と訊くと、彼から「キミが決めたところでいいよ」と言うような男では、どうしようもありません。

ちょうど、食事が終わった後、ドキドキしながらホテルへの誘いを待っているときに、「キミは、どこへ行きたい?」と言われるようなものです。たとえホテルまでたどり着いたとしても、今度は部屋で「キミは、どうしたい?」。

男として最低ランクで、これほど卑怯なことはないでしょう。

その男の心の奥底には「僕は言っていないよ。キミがやりたいって言ったからやったんだよ」というのがあります。



男を選ぶランキングとして、「やさしい」というのがいつも上位を占めているようですが、これがいいと思っている女性では、「いい男」をゲットすることはできないでしょう。

なんでも言うことを聞いてくれる彼は責任を取りません。

なんでも言うことを聞いてくれるのは、責任をすべてとらなくてもいいという状態です。

無責任な人がいいと言っているのと同じです。

このようなやさしさを持っている男の何がダメかというと、こういう男は、優柔不断でぐいぐいと人を引っ張っていくようなリーダーシップがないことと、それに会社でも企画力はないし、アイディアのひとつもなくて、まともな仕事ができる男ではないということです。

こういう男は、20歳も過ぎて「自分の進路が見出せない」「好きで打ち込めるものが何もない」「やりたいことがないし、何をやっていいのか分からない」とほざいているだけなのです。

お金の借り方は知っていても、稼ぐ能力が微塵もないのです。

「優柔不断」な男を、やさしい男と勘違いしていては、あなたの幸せはやってこないですよ。









お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP