Menu ▼



メニュー


「価値観が同じ」などと気軽に言えるものではない

よく結婚するときの条件で、「価値観の同じ人がいい」などと、言っていますね。

一見、聞こえはいいですが、その中身や意味を深く問い詰めてみると、価値観の意味をはき違えている女性が多いのに驚きます。


価値観がいくら同じだといっても、それが世間に操られた価値観ではどうにもなりません。「価値観が同じだわ」と浮かれたカップルが増えるだけです。

一般的に価値観が合うとか合わないという場合には、ほとんどが食べ物の好き嫌いが同じだとか、趣味が同じだとか、流行の好みが同じだとかを指しているようですが、これらは子供のような価値観です。

あなたと彼が、今流行しているファッションの好みで意見が一致し、「私とあなたは価値観が一緒だわ」と言ったとしましょう。それは、自分の価値観ではなく、世間の色に染まった間抜けな話に過ぎません。

ですが、「価値観」と口にする若い女性の大半は、流行的価値観が同じことを喜んでいるに過ぎません。

本当の価値観というのは、「世間が認めた価値を自分にとっては何の価値もないよ」と言い切るようなのが価値観なのです。

テレビの鑑定団でよく見かけますが、持ち込んだ古い壷が鑑定結果で1千万円などという、とんでもない値段がつくことがありますね。でも、あんなガラクタ同然の壷など、邪魔になるだけだから、「オレはタダでもいらないよ」と言えるのが、その人の本当の価値観なのです。1千万円というのは世間が決めた価値というだけです。



ですから、そういう世間の決めた価値と違う価値を語ることができ、それが一緒の場合に、「同じ価値観」と言うのです。

あなたが探す価値観の同じ人とは、世間に踊らされていない考えを持っていて、目の前の価値を自分の感性で決めることができる男です。その価値の決め方が、あなたと似ている男が、同じ価値観を持っている人と言えるのです。

確かに、価値観がまったく違う男とはつき合いにくいです。

ただ、いまどき、自分の価値観を押し付ける男も滅多にいないから、価値観について深く考える必要はなく、逆に価値観を持っていない男を見抜くほうがたやすいと言えます。

自分の価値観を持たない男は、流行に躍らされていますので、車を買うのでも、一番流行っている車を買うでしょう。髪型だって人気俳優と同じにするはずです。お金ができたら、ロレックスを買うでしょう。

やはり、女性も自分の価値観を磨く必要があり、流行に合わせた服ではなく、自分に似合う服を着て欲しいし、髪型だって、あなたの顔にフィットしたものにして欲しい。

ブランド物のバッグより、彼の買ってくれた無名のバッグのほうに価値を認めて欲しい。








お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP