Menu ▼



メニュー

細やかな思いやりのある女性は一流の男に愛される

恋人同士は、二人だけの世界を作って、その中で二人だけが分かり合えるコミュニケーションを作っています。

いつも一緒にいることができなくても、心はつながっており、心のどこかで相手を思い、いつも相手を待っている、というのが理想の恋人同士ではないでしょうか。




大学で山登りのサークルなどに属していると、グループ仲間でキャンプをしたり、旅行に行ったりするようなことがありますね。そんなとき、恋人同士はつねに一緒にいるわけではなく、あちこちで仲間と語り合って楽しんではいますが、やはりいつの間にか二人は肩を並べるぐらいの距離にいるものです。

ですが、ときどき、一緒に来た彼をみんなの前でけなしたり、ちょっと憎まれ口をきいたりしている人がいます。

とくに、女性にこういう人が多いようですが、見ていてもいい光景ではありません。

二人の間では意思疎通があるのかもしれませんが、傍目から見ると、憎しみあっているのだろうかと、こちらが心配になってしまうぐらいです。

もっと最悪なのが、目くじらを立てて、恋人のことをあしざまに言って、側に寄り付こうともしない女性です。

自分の彼を、軽くほめ讃えるような女性のほうがずっと魅力的です。



彼がみんなと楽しそうに話していたり、うれしそうにはしゃいでいるときに、その彼の顔を愛おしそうに眺めている彼女はもっと素敵です。

笑顔で寄り添っている姿は、なんともいえない豊かな愛情を周りの人々に分け与えてくれているようで、ここにいてよかった、と思います。

そういう細かい思いやりのある女性は、お金でも地位でも手に入れられない、自然の美しさを自分のものにしているのです。


どんな高価なダイヤモンドよりも、まぶしい笑顔を持っています。

彼の憂いにあなたが涙し、自分の喜びを彼と分かち合い、そして、愛する人のやることを応援し、一緒に行動できるカップルは、最高の恋人同士といえるでしょう。

もちろん、社会のルールを破るなど、してはいけないことを許してしまうのはいけませんが、そんなときには注意してあげる強さ、厳しさが必要です。

愛する人のことをすべて理解することはできないかもしれませんが、彼の気持ちを察する細やかな思いやりは、いつだって必要です。

彼のうれしかったこと、楽しかったことを一緒に喜べる人は、人間として女性として魅力的な深みを身につけることができます。








結婚相手に選ばれやすい女性の恋愛思考や特徴とは
【一流の男に選ばれ愛される女性とは】
一流の男は内面から輝く女性のオーラに惹きつけられる
男がそばにいて守りたくなる女性になろう
「男の気持ちを読める女性」を一流の男は手放さない
心の切り替えが早くできる女性は一男の心を惹きつける
損得勘定のない女性は魅力的で顔が輝いている
感情的にならず心に余裕がある女性は男を魅了する
輝いている女性はワンランク上を目指し男が手放さない
しなやかな強さのある女性を一流の男は手放さない
細やかな思いやりのある女性は一流の男に愛される
言葉づかいのきれいな女性は一流の男に愛される
【結婚相手に選ばれる女性・選ばれない女性の違いって何?】
結婚できる女性は失恋しても恋愛スイッチは絶対にオフにしない
結婚できる女性は「自力の婚活」と「婚活サービス」を使い分ける
結婚できる女性は、「おひとりさまもいいかな」と思える人
結婚は、出会いが当たり前になった頃にやってくる
告白に失敗しても交友関係は大事にしよう
結婚できる女性は真剣な婚活よりラフで楽しい婚活
結婚は自分と結婚した女性の違いを知ることが大切
結婚できる女性は程よい距離感を保ち可愛さを演出
結婚できる女性はプラス言葉が口癖になっている
男性は、短気でヒステリーになりやすい女性をもっとも嫌う
ちっちゃな飲み会でも自分でセットできる女性は結婚できる
男心の深読みは、見当違いで婚期を逃す
男の視野を狭める女性は敬遠される
【結婚相手に選ばれるのは男性が心に描く条件に合致?】
男が考えている「結婚したい女性」とはこういう女性
「女が男を選ぶ時代」でも、あなたの魅力が条件
男が魅力に感じる「女性の魅力」の中身とは
容姿やスタイルよりも男が気にすること
金銭感覚のずれは結婚継続の致命傷になることも
精神的「親離れ」ができていない人とは暮せない
自分とテンポが合うか、合わせることができる人か?
前向きな人生をイメージすればハッピーがついてくる
男のプライドを傷つける女性は百害あって一利なし
結婚しても働きたいあなたへのアドバイス
男の女性に対する所有欲と権利意識について
男の気持ちがすぐ冷めやすいタイプ、冷めにくいタイプ
男はどこで「合う女」「合わない女」を判断するのか



あなた自身の本質が分かる無料の占いサイト




お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP