Menu ▼



メニュー

男がそばにいて守りたくなる女性になろう

男と女の原始の姿は、男が女性を教え導いて教導し、そして男が女性を守って行くことであります。

なぜ、男が女性を教え導くのかといえば、女性は男より本能的な要素が強いため、男の理性によって、本能を抑制させ、調和を図るからであります。

基本的に、男は「理性は7割、本能3割」、女性は「本能7割、理性3割」で構成されています。女性が子ども産んで育てる行為は、まさに本能的な要素が強いことです。

ですから、女性は本来一人で生きられるようには創られてなく、男性が守ることによって、生命と生活が安定するようになっているのです。

もちろん、男も女性を守ることで生きていくことができるのです。
こういうことを言いますと、女性は男の庇護のもとでしか生きられないのかというお叱りを受けるかもしれませんが、決してそうではなく、男も女性を庇護することで、日々に活力が生まれ元気いっぱい働きたくなるのです。

女性は、「男がそばで守ってやりたい」というような気持ちにさせることが大切なのです。

最近では、自ら「おひとりさま」を望んだわけではなかっても、おひとりさまになる人がいますが、こういうおひとりさまは、結果的に次のような考え方をしている人です。




@ 自己中心的で我がままなうえ、相手の立場も考えず自己主張だけを貫いて、協調や妥協の気持ちがないような女性。

A 若いうちに遊んでおきたいという気持ちが先行して、本来の人間の生き方を忘れ、婚期を逸してしまった女性。

B 男性と遊び関係だけでつき合ってきた期間が長いので、普通の男から避けられるようになった女性。

だれしも、「チャンスがあったら結婚したい」「いい人がいたら結婚したい」と考えてはいても、本質的に「おひとりさま」になってしまうような生き方とか考え方をしているものです。

こういう考え方は、男を寄せ付けない考え方であり、男も自然と避けて通るようになるのです。

それでは、男はどういう女性を守りたくなるのかといえば、気持ちが明るく前向きで、話すときは笑顔でニコッとしているような女性なのです。
男は、これだけで女性から元気をもらい、いつまでもその笑顔をそばで見ていたいと思うものなのです。









お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP