Menu ▼



メニュー

弱い男、つまり社会の役に立たない男の結婚願望には気をつけよう

★ 弱い男の定義は難しいですが、要するに、次のようなどうしようもない男のことです。
・貧乏で、出世する様子もない。または無職。
・精力が弱く、一人の女性と過ごせる。またはセックスに興味がない。
・毎年、おじさんになっていく。時間に逆らわない。
・社会と闘っている様子がうかがえない。ニュースなどを見ないし、新聞も読まない。社会に対する怒りもない。
・女の言うとおりにする。彼女がいなくなるのが怖くて、強気になれない。
・母親や趣味など、何かに激しく依存している。
といったものでしょう。

弱い男の結婚は、さして難しい問題はありません。時代は、「弱い男を求めている」からです。きっとあなたも弱い男を求めているのでしょう。

★ 男は美人を求めて、さ迷い歩くもので、美人を抱くことが、本懐なのです。社会もそれを肯定しているからこそ、美人をもてはやし、美人のグラビアや映像を売っているのです。

一方の女性は違います。女性の目標は、べつに、「いい男」「強い男」と寝ることではないでしょう。ましてや結婚となると、「結婚制度と結婚したい」ばかりに、いい男と結婚したいとは思わないのです。

それよりも、その女性の頭の中に、いい男の定義がないのです。女性としての観念を構築してこなかったため、いい男とはどういうものかということが分からないのです。また、世の中の情報も、女性側には、いい男の定義を教えていません。

もし、「いい男とはこういうものだ。これ以外の男はクズ。そんな男には抱かれるな」と、女性誌が一斉に書き出したら、数少ない「いい男」に女性が殺到して、ハーレム状態になってしまうことでしょう。それを女性誌だけでなく、男性誌のマスコミも避けているのです。

★ 現在の女性は、大きく分けると、
・ 結婚したい女性。
・ 仕事をしたい女性。
・ 性的快楽を求めたい女性。
に分類されるでしょう。


そして、結婚したいという女性は、好きになれば、その男の社会的活動力など気にならないのです。弱い男は、結婚願望の強いあなたにとっては、最適です。すぐに、「結婚しよう」と言ってくれるでしょう。

浮気もしないし、会社を突然辞めることもありません。ベッドインがそれほど好きでなくても、あなたを強制的に卑しめることもないはずです。
弱い男たちは、結婚したい女性と意気投合して、結婚をし、その制度に染まり続けるために、女性の顔色をうかがいながら、老後の計算をしている無害な人間なのです。








お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP