Menu ▼



メニュー

強い男は、男の本質を理解している女性と結婚したがっている

★ 強い男とは、仕事を成功させていて、仕事をしながら、女性をベッドで楽しませることのできる余裕のある男のことです。

性的なことだけを考えれば、若者にも当てはまるかもしれませんが、仕事を成功させている、ということであれば、数は少ないでしょう。

仕事の成功とは、お金持ちになることとは限りません。自分の仕事に誇りを持って、仕事を熱心にやっている男も成功者です。

強い男は、仕事をいつもしており、そのうえ高いレベルでこなしています。その働きぶりを見た女性は、彼を畏敬し、自分は「女」になろうと決意します。そういう女性は、美しくいようとし、彼より目立たないようにし、彼を自由にさせ、ベッドインでは尽くし、家事を極めようとします。

こういう女性の愛の姿を、いまの日本では、「古い」とか「自立していない」、「男と対等ではない」と揶揄しているのが現状です。ところが30過ぎても自立していると、今度は、「あの人は恋愛の負け組みになった」と言われます。あまりにも矛盾していないでしょうか。

★ 今では、女性は、子ども一人も育てられなくなった。

昔の女性は、5人も6人も育てていたのに、いまは、一人で意気地ノイローゼです。それを「夫が子育てを手伝わないから」という女性がいますが、昔の男たちは子育てを手伝っていたでしょうか。

いまの時代は、女が、「あなたは女なんですよ」という教育を受けていないから、結婚して、子どもを産んでも、女としての機能が働かなくなってしまったのです。



★ 強い男たちは、もう結婚できる相手がいなくなってしまったのです。

強い男には女を選ぶ権利があります。オリンピック選手は、メダルが欲しいから頑張っているのです。その他の強い男たちも、名誉や財産、そして、美人が欲しいから頑張っていますが、メダルのような価値のある女がいなくなったのです。

何の哲学も持っていないような女性たちは、日々流れてくる情報が真実だと思い込み、10代、20代と奔放に生活し、性的なことにも慣れてしまい、遊びまわっています。そして、30代になって「負け犬」といわれ、結婚相手を見つけることに奔走しますが、よほどの美人でない限り、30歳の負け犬の女性を嫁にするような成功者などはいません。

女性は、「男も遊んでいるのだから、女が遊んでもいいじゃない」と。強い男たちは、遊んではいないのです。成功するために、遊ぶような余裕はなく、誠心誠意、仕事に打ち込んでいるのです。

★ 強い男は、仕事のために結婚するのですが、弱い男は、結婚のために結婚するのです。その差は、遊んでいる女性たちの想像を絶するほどです。

仕事のために結婚する男を手に入れた女性は、その男が、たとえば、イチロー選手のようなすごい大人物になることもありうるのです。

ですが、結婚のために結婚した男が、大人物になることは100パーセントありません。それどころか、小さい会社で出世することもないでしょう。
男は「仕事をしたい」と頑なに情熱的に思い続けるうちは「男」なのです。たとえ結婚しても、「仕事に打ち込みたい」と、帰宅が遅れるような男でないとダメなのです。

「早く、新妻の待つ家に帰りたい」と思っている男性は、絶対に出世などできません。そういう男の頭は、すでにボケ老人になっているのです。
ですが、仕事のために結婚した男は、仕事を優先し、新妻にメロメロになることはありません。そんな男を運よくゲットした女性は、本当は幸せなのですが、結婚しても、夫の帰りが遅いと、「あたしと会社のどっちが大事なの」というバカな女性もいます。

だから、強くして仕事をしたい男は、結婚しなくなってしまったのです。たとえ、結婚しても、そういう妻だったら、あっさり離婚してしまうのです。








お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP