Menu ▼



メニュー

学歴のある男性が必ずしも知性や教養あるとはかぎらない

世の中には青雲の志を遂げたすばらしい人がたくさんいるようですが、そのほとんどの人は学歴だけではないものを持っています。

それは大学を例にとれば、学問を教えてくれるけれど、知性、教養を教えてくれるところではないからです。

学歴というのは、自分が卒業した学校歴という意味です。それ以外の意味は本来ありませんが、日本では学歴というのは本来の意味以上の扱われ方をしているのが実情です。

それは、学歴が高いと知性があるという扱われ方です。

「○○大卒だから、彼は優秀だ」という考え方は今もあるのではないでしょうか。特に新卒採用では、これが学歴フィルターとして多くの学生を悩ませます。

東大や京大などを出てエリートコースを歩んでいる人であっても、ビジネスで成功できない人はたくさんいます。そのような人の共通点として、話をしていても知性をまったく感じないことがあります。

なぜ、最高学府を卒業しているにも関わらず、知性を感じないのでしょうか。この答えは簡単であり、彼らの話していることは「他人から得た情報」を話しているだけだからです。ここに、高学歴の人であっても、ビジネスで成功できない理由が隠されています。

要するに、知識があっても教養がなく、人間に幅がないことです。

この教養を高めるためには、趣味が大切なのではないでしょうか。書道を勉強すれば、中国のことがわかってきますし、陶磁器について興味を持てば、茶の湯の歴史にくわしくなります。

それこそ、将棋や囲碁、ゴルフに夢中になると、経営者や有名人と知り合うチャンスが増えて、教養の幅が広がります。



あなたの彼は、なにか一つの趣味を持っていますか? できればその趣味は、一人だけのものではなく、大勢と交われるものであることが望ましいのです。

女性は結婚すると、生活費のことが心配になり、夫にムダなことは、なるべくさせまいと思いがちです。それは当然ですが、そうだとしたら、夫に自由時間をあたえなければなりません。勉強の時間も与えない、ムダもさせない、小遣いもない、というないないづくしでは、夫の出世など、望むべくもありません。

このことを結婚前に知っておくことは、重要なことです。

彼の未来を明るくするということは、彼と結婚する女性の将来も明るいということです。

「結婚したら、いつでも二人でいる」という生活は古い、と思いましょう。互いにレベルを上げる生活をしなければならないのです。

いまのうちから、彼を縛り付ける気持ちを捨てましょう。それが結果として、あなたの結婚生活に希望をもたらすのです。反対に、いつも飲んだり遊んだりしている男とは、さっぱり別れなければなりません。







間違いのない結婚相手の選び方
結婚相手を選ぶときのポイント
仕事ができ人生を語れる賢い男を選ぼう
本物の男は心に余裕があり周囲の人に優しい
結婚相手は仕事ができ場所に合った服装かどうかも観察しよう
結婚相手に強い信念で未来を切り開く気力があるかどうか
恋をしてあなたを大切にしてくれる男なら間違いない
結婚相手を見た目で選ぶと大変な落とし穴がある
優しいだけの男は後で豹変することがある
女性をベッドで満足させられない男は値打ちがない
結婚相手の選び方はお金の使い方で分かる
お金の扱い方を見れば結婚相手の器量は分かる
結婚相手に選ぶべき優秀な男とダメ男の見分け方
【ビジネスから見た最高、最良の結婚相手の選び方】
すべてにスピード感を持っている男が結婚相手にはいい
「優しい男性」より「優しさのある男性」を結婚相手に選ぼう
学歴のある男性が必ずしも知性や教養あるとはかぎらない
優秀なだけではなく賭け事にも強い強運の男性を見つけよう
父や祖父が携わっていた仕事に関係のある職についている彼ならいい
人脈を持つような実力のある男を結婚相手にしよう
将来性のある未来志向型の男性を結婚相手にしよう
【男の価値を見抜く目を養おう】
否定的な言葉の多い男を結婚相手にしてはダメ
結婚相手にはつき合って得する男か、損する男かの見分け方
結婚相手は父親、母親の影響をどう受けている人かも大切
一人暮らしの経験のあるなしで微妙に違う結婚生活
男の人生に対する目的意識を知らない貧乏クジを引く
【男が結婚を考える瞬間】
「貧乏な結婚」も「セレブな結婚」もどちらも最悪のパターン
増えているマザコン男を見極め、いい男を探し出そう
男が「この女性と結婚してよかった」と思うとき
強い男は、男の本質を理解している女性と結婚したがっている
弱い男、つまり社会の役に立たない男の結婚願望には気をつけよう
結婚したがらない男を変える方法
バツイチ経験者を結婚相手に選んで良いのか?



あなた自身の本質が分かる無料の占いサイト




お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP