Menu ▼



メニュー

「優しい男性」より「優しさのある男性」を結婚相手に選ぼう

「優しい」と「優しさ」は一見すると、まったく同じに見えますが、実は大きく違うのです。さらに「優しみ」となると、もっと違ってきます。

女性のほとんどは「優しい彼」をステキと思います。なぜならこれまでの男は、強くて乱暴なタイプが多く、これに女性は泣かされてきたからです。

いま結婚相手の男性像を問うと、「優しい男性」が上位に入りますが、いかに思いやりに溢れた男性を望んでいるか、よくわかります。

しかし、この優しい男性となると、草食系男子を指すことになり、どことなく頼りない気がします。下手をすると、セックスレスで、男としての機能も低そうです。


これでは最高の男性とは、とてもいえません。ここが、あなたの男性選びの間違いのもとになるのです。

本当は「優しい男」ではなく「優しさのある男」を選ぶべきです。

似ているようですが大違いです。こちらは強い男でありながら「優しさ」をもつ、ということで、ただの優男(やさおとこ)ではありません。基本は強いのです。どんな状況になろうと妻子だけは守る、という強さを持ちつつ、人情味も兼ね備えています。

ここのところを間違えては大変です。さらにもう一歩進めると「優しさ」から「優しみ」になっていきます。ここまでいくと最高です。


優しみとは、強さの中にいたわりが入っているという意味で、わざわざ優しい言葉をかけてくれなくても、その人の温かみが、じーんと伝わってくる人柄です。



あなたの周りでも、すごくできるけど、冷たい性格の男がいませんか? こういった男と結婚したら大変です。いつも泣いていなければなりません。

こういった男は常に自分本位です。ベッドインでも、自分がしたくなったからする、ということで、女性の体の具合など、まったく考えもしません。これでは経済的に困らなくても、幸せとは遠くなってしまいます。「金を稼いでくるのはおれだ!」というタイプの男だったら、年中衝突しなければなりません。

こんなギスギスした世の中だから、人情のある男が求められるのです。ペットや小さな子どもに対しても、思いやりのある態度を示せるような青年だったら、必ず将来性があるものです。

デートをしているうちには、そういう場面にぶつかることがあるはずです。そのときをしっかり観察することです。

あなたに対してチヤホヤするのは当然です。優しくするのがテクニックだからです。
あなた以外の人やペットに対して、どうなのかが問題なのです。








間違いのない結婚相手の選び方
結婚相手を選ぶときのポイント
仕事ができ人生を語れる賢い男を選ぼう
本物の男は心に余裕があり周囲の人に優しい
結婚相手は仕事ができ場所に合った服装かどうかも観察しよう
結婚相手に強い信念で未来を切り開く気力があるかどうか
恋をしてあなたを大切にしてくれる男なら間違いない
結婚相手を見た目で選ぶと大変な落とし穴がある
優しいだけの男は後で豹変することがある
女性をベッドで満足させられない男は値打ちがない
結婚相手の選び方はお金の使い方で分かる
お金の扱い方を見れば結婚相手の器量は分かる
結婚相手に選ぶべき優秀な男とダメ男の見分け方
【ビジネスから見た最高、最良の結婚相手の選び方】
すべてにスピード感を持っている男が結婚相手にはいい
「優しい男性」より「優しさのある男性」を結婚相手に選ぼう
学歴のある男性が必ずしも知性や教養あるとはかぎらない
優秀なだけではなく賭け事にも強い強運の男性を見つけよう
父や祖父が携わっていた仕事に関係のある職についている彼ならいい
人脈を持つような実力のある男を結婚相手にしよう
将来性のある未来志向型の男性を結婚相手にしよう
【男の価値を見抜く目を養おう】
否定的な言葉の多い男を結婚相手にしてはダメ
結婚相手にはつき合って得する男か、損する男かの見分け方
結婚相手は父親、母親の影響をどう受けている人かも大切
一人暮らしの経験のあるなしで微妙に違う結婚生活
男の人生に対する目的意識を知らない貧乏クジを引く
【男が結婚を考える瞬間】
「貧乏な結婚」も「セレブな結婚」もどちらも最悪のパターン
増えているマザコン男を見極め、いい男を探し出そう
男が「この女性と結婚してよかった」と思うとき
強い男は、男の本質を理解している女性と結婚したがっている
弱い男、つまり社会の役に立たない男の結婚願望には気をつけよう
結婚したがらない男を変える方法
バツイチ経験者を結婚相手に選んで良いのか?



あなた自身の本質が分かる無料の占いサイト




お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP