Menu ▼



メニュー

結婚相手は父親、母親の影響をどう受けている人かも大切

地球の環境問題が、世界的にクローズアップされていますが、環境が人間の心理に与える影響というものは、ふつう考えられているより大きいようです。

たとえば、都会生活者と田舎ぐらしの人では、歩くテンポから思考のスタイルまで違います。自然に囲まれて暮らすと、どんなイライラ型の人間でもリラックスしてきます。環境は人を変えてしまいます。

現在おかれている環境も無視できませんが、人を判断するときは、その人の育ってきた環境とそれにともなう経験も重要です。だから男性を判断するとき、過去と現在の二つの環境から見ることも大切なのです。

「朱に交われば赤くなる」ということわざがあるように、人間はある一定の環境におかれると、それによって触発されたり、逆に堕落したりもするのです。


いい大学を目指す中学生が、まず有名高校を目指すのも、環境の効用を考えてのことです。

こう考えると、過去に男性がどんな環境で育ち、いまどんな環境にあるのかの二点は、将来を占う重要な材料になります。過去の環境で決定的なのは、やはり親という環境です。親は人間ですが、子育ての段階では、子供の環境といえます。

父親がどんな職業か、母親がどんな人となりか、それを知るだけで、その男性の人格のかなりの部分がわかってきます。



次に、両親から男性を判断するポイントをあげておきましょう。

★ 父親の職業、人格が与える作用は正反対のときがある

父親が社会的地位の高い職業についている場合、それがいい影響を与える場合と悪い影響を与える場合があります。
そのいずれかは、その男の父親に対する評価を聞けばわかります。

批判的なときは人格も含めて反面教師になっている場合が多いです。学者や医者、弁護士の子供でとんでもないグータラ息子もいるし、逆に父親の跡をきちんと継ぐとか、他の職業でも立派にやっていこうとしている男もいます。ただ男の場合は父親よりも母親の影響のほうがより強いでしょう。

★ 母親を自慢する、母親が会話によく出てくる男はマザコンの傾向がある

話題の内容いかんに関係なく、「うちの母親は・・・」という言葉の頻度が問題です。


母親は息子の性格や考え方、あるいはライフスタイルに大きな影響を与えているものです。

母親のことを頻繁に口にする男は、母親の影響を強く受けているので、女にとっては要注意です。まともな男は母親のことをそうやたらと口にしたりしません。

母親の影響が、仮にいいものであっても、母親べったりで育ったこと自体が問題です。
結婚してからも母親が介入してきて、息子も母親の味方になる可能性が大きいからです。






お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP