Menu ▼



メニュー



バーチャルな恋でも性ホルモンは放出される

電子メールやLINEは今や、仕事だけでなく、恋愛を始め、あらゆるコミュニケーションに必須アイテムです。しかし、どんなに使い慣れたアイテムであっても、こと恋愛におけるメールでは、神経を使うものです。好きな人にアプローチしようとしている人にとってはなおさらのことでしょう。

ところでみなさんは、メールやLINEでは、実際に会って話している以上のドキドキ感が得られることが多いということをご存知ですか。

人間の脳は非常に発達していて、実際に会っていなくても、想像するだけで脳の中ではバーチャルな恋愛を楽しむことができるのです。逆に、会っていないほうがバーチャルな快感が強くなることもしばしばあります。

というのも、人間は見えないもの、隠れているものを自分の想像で置き換えるときに、実際よりも美しいイメージで置き換えてしまう習性があるからです。たとえば、脚が太いと悩んでいる女性は、ロングスカートをはくことによって、男性に細い足を想像してもらえたりするのです。

つまり、メールやLINEのセリフは、使いようによっては、実際に会って話をするよりも、人間の脳を激しく発情させることが可能になるというわけです。

男性が美少女ゲームにはまってしまうのはまさにこの原理です。実在の女性よりも、想像上の架空の美少女とゲームの中で恋愛したほうが、人間の脳ははるかに興奮し快感を得られるのです。これをバーチャルだといってバカにしてはいけません。



人は、恋をすると、たとえ想像上の恋であったとしても、性ホルモンが活発に分泌され、体や精神に変化をもたらします。

女性ホルモンの代表であるエストロゲンなどは、旨を発達させ、ウエストを補足させ、女性特有のボディを作ります。それだけでなく、肌の艶やかさやきめを細かくし、化粧のノリをよくしてくれるありがたいホルモンです。さらに精神的には性欲を高め、性感をアップさせ、男性の気を引く魅力も出ます。


これほどまでに優れたホルモンを分泌させる能力を私たちは持っているというのに、残念ながら恋をしてときめいていなければ、これらホルモンは少なくなります。

また、これらの性ホルモンは精神的ストレスに極めて弱く、悩み事やコンプレックスがあると一挙に分泌されなくなります。身も心も奪われるような本気の恋をすることによってしか、このホルモンの恩恵を受けることは難しいのです。

しかし、身を焦がすような本気の恋をいつでもできるという人は、実際にはほとんどいません。恋をした人はこのホルモンの作用でさらにモテるようになり、逆に恋から遠ざかっている人はホルモンの恩恵を受けることができないため、モテ度にますます差がつくでしょう。

そのためには、メールでバーチャルな恋をしてみるのもいいでしょう。








あなたを幸せにする恋のつかみ方
バーチャルな恋でも性ホルモンは放出される
メールやLINEでバーチャルな恋を楽しみモテ度をアップしよう
男のメール返信の裏には「あなたと関係を持ちたい」願望がある
男の本能を刺激するようなメール文やLINEで喜ばそう
男の女性獲得の本能を満足させるメールやLINEのやり取りを
彼を束縛するメールやLINEは拒絶される可能性が大
恋に発展させるための返信のタイミングとは
友達が恋人に変わるときにはプロセスがある
会話が弾むためには、「趣味は何ですか?」と聞かれたら、どう答える
会話が弾むためには、「彼氏いるの?」と聞かれたら、どう答える
会話が弾むためには、「どんなタイプの人が好き?」と聞かれたら、どう答える
性的関係だけにしか興奮しないカップルは必ず破綻する
 
【つき合いの段階別の彼の心を取り戻す方法】
恋愛初期は「口説き」の高揚感を利用しよう
つき合い始めは嫉妬心で操る
深い関係になれば、あなたの魅力的価値を低下させないこと
倦怠期が訪れたらお母さんまたは秘書になる
別れを宣言される前に、自分から別れを告げよう



あなた自身の本質が分かる無料の占いサイト




お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP