Menu ▼



メニュー



彼を束縛するメールやLINEは拒絶される可能性が大

次のようなメールやLINEは相手が束縛を感じてしまいますので、タブーです。
「暇だったらお電話ください、今度誘ってくださいね。空いている日がありますか?どっかつれてってほしいなあ。彼女いるんですか?」


片想いの彼には、ついこんなメールを送ってしまいがちです。ですが、これを書いてしまうと、さらに悪い結果になってしまうでしょう。

あくまで相手から誘いがあるまで、自分から誘ってはダメです。
「いつ会おうか?」と相手に言わせるように、相手を喜ばせる、または元気づけるメールを書くことが大切です。


こういうと、「こんな消極的な方法では、恋愛に発展しないんじゃないの?」と思われるかもしれません。確かにそうともいえますが、あなたのメールが強引であればあるほど、相手に拒絶される確率も高くなる、ということを覚えておきましょう。

ここでは相手に絶対に拒否されないメールを書くためのテクニックを解説しているのであって、強引にいきたいのなら、「強引にいっても拒絶されない自信」がついてからにすればいいだけです。その自信がつくまでは、辛抱、ガマンです。

しかし一方で、自分があまりにも下手に出る方法を用いると、相手が増長してきます。
その結果「こいつはオレに惚れているのだから、ちょっと遊んでやってもいいか」「オレの言いなりになりそうで都合がいい」と思われる可能性が高くなります。




そうすればしめたものです。彼がセクハラまがいの下ネタなメールを送信してきたら「こっちのエサにかかったぞ」と思っていいでしょう。相手が多少なりとも自分に興味を持ち始めている証拠だからです。

ただし、ここであなたも調子に乗って下ネタな話題を返してはいけません。それでは、本当に都合のいい女になってしまいます。だから、下ネタのセリフに対しては、断固拒絶する素振りを見せなければなりません。しかし、断りつつも、相手のプライドを持ち上げておくのです。

次のような例でもいいでしょう。

(例文)「今日の下着の色は何色?」と聞かれたときの対応
「○○君にそんなセリフは似合わない」「○○君は私の尊敬している人なので、そっち系に走ってほしくないよ〜」


最後に奥の手です。

(例文)「合コンやりたいっていう友達がいっぱいいるんですけど、合コンは嫌いですか?今度、いっしょに合コンの企画ができるといいですか?」

これは、何も本当に紹介するのでなくてもかまいません。単に「多くの女性を獲得したい」という男性の本能を利用すればいいのです。自分の家で誕生日のパーティーをするから来て欲しい、というようなものでもかまいません。
実行に移すかどうかは別問題ですので、まずはそのようなエサをメールの文章にまいておけば、今まで消極的だった男性も積極的にメールを返信してくれるようになること請け合いです。







あなたを幸せにする恋のつかみ方
バーチャルな恋でも性ホルモンは放出される
メールやLINEでバーチャルな恋を楽しみモテ度をアップしよう
男のメール返信の裏には「あなたと関係を持ちたい」願望がある
男の本能を刺激するようなメール文やLINEで喜ばそう
男の女性獲得の本能を満足させるメールやLINEのやり取りを
彼を束縛するメールやLINEは拒絶される可能性が大
恋に発展させるための返信のタイミングとは
友達が恋人に変わるときにはプロセスがある
会話が弾むためには、「趣味は何ですか?」と聞かれたら、どう答える
会話が弾むためには、「彼氏いるの?」と聞かれたら、どう答える
会話が弾むためには、「どんなタイプの人が好き?」と聞かれたら、どう答える
性的関係だけにしか興奮しないカップルは必ず破綻する
 
【つき合いの段階別の彼の心を取り戻す方法】
恋愛初期は「口説き」の高揚感を利用しよう
つき合い始めは嫉妬心で操る
深い関係になれば、あなたの魅力的価値を低下させないこと
倦怠期が訪れたらお母さんまたは秘書になる
別れを宣言される前に、自分から別れを告げよう



あなた自身の本質が分かる無料の占いサイト




お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP