Menu ▼



メニュー

倦怠期が訪れたらお母さんまたは秘書になる

どんなにアツアツだったカップルも、いずれは必ず倦怠期を迎えます。ただし、倦怠期を迎えるまでの期間は、人によってそれぞれです。通常、女性のほうが男性よりも市場価値が低い場合、倦怠期は初めてカラダの関係になった後、すぐにやってくるでしょう。

けれども、男性に嫉妬心を上手に抱かせていけば、それを1年、2年後に引き延ばすことは可能です。

倦怠期とはつまり、男性があなたにまったく嫉妬心を抱かなくなった時期のことを指します。健全なカップルであれば、互いに深い信頼関係を築くことができるので、嫉妬心を抱かなくなります。つまり、倦怠期が訪れ、トキメキが消失する代わりに信頼が生まれるのです。

ところが、彼をあなたのカラダのみでつないでいた場合、カラダへの興味はつき合いが長くなるにつれて薄れますので、今まであなたのカラダによって得ていた彼のメリットが激減します。

このカラダの魅力が激減するまでの期間は「あなたが彼の言いなりになっている割合が高いほど」短くなります。そしてこの短い期間内に彼と信頼関係を築くことができなかった場合、彼はあなたとつき合うことのメリットを感じなくなり、別れが訪れます。

では、あなたのカラダに魅力を感じなくなった彼に、いったいどうすればメリットを与えることができるのでしょう。それがお母さんのような振る舞いをする、または彼の秘書となって仕事のサポートをして、男をあげてやるとです。



★ お母さんになる


これは、あなたが彼のお母さんの代わりに、たとえ掃除、洗濯、炊事を行ったり、おこづかいをあげたりすることを指します。ただし、女性はお母さんの代わりをするふりをして男性の行動を監視しようとします。これはお母さんの代理という大義名分を利用した彼への束縛となるため、かえって彼に嫌がられます。

本当のお母さんは、部屋に長い髪の毛が落ちていても、息子を叱ったりしません。また、掃除しながら机の引き出しを調べたり、携帯電話の着信履歴を調べたりもしません。息子の女癖が悪くても、面と向かって怒らないのが母です。
これらのことをよく理解したうえで、お母さん役をしてうげると、彼には多大なメリットになります。

★ 秘書になる

彼を立て、彼のスケジュールを束縛しない範囲で管理し、可能なら彼の仕事まで手伝うというのが秘書です。

たとえば彼が明日、仕事で出張するというのなら、インターネットで電車の乗り継ぎ時間を調べたり、もっとも早いアクセス方法を提示してあげたりします。また、ひとり暮らしをしている彼には、光熱費などの伝票を整理し、銀行振り込みをやってあげたり、営業マンである彼の顧客作りを手伝って、彼の業績を上げてやるという奥の手もあります。

秘書化したあなたは、彼が別れるに別れられないメリットのあるじょせいとなります。少々骨が折れる作業ですが、これが可能なら結婚まで導くことも不可能ではありません。







あなたを幸せにする恋のつかみ方
バーチャルな恋でも性ホルモンは放出される
メールやLINEでバーチャルな恋を楽しみモテ度をアップしよう
男のメール返信の裏には「あなたと関係を持ちたい」願望がある
男の本能を刺激するようなメール文やLINEで喜ばそう
男の女性獲得の本能を満足させるメールやLINEのやり取りを
彼を束縛するメールやLINEは拒絶される可能性が大
恋に発展させるための返信のタイミングとは
友達が恋人に変わるときにはプロセスがある
会話が弾むためには、「趣味は何ですか?」と聞かれたら、どう答える
会話が弾むためには、「彼氏いるの?」と聞かれたら、どう答える
会話が弾むためには、「どんなタイプの人が好き?」と聞かれたら、どう答える
性的関係だけにしか興奮しないカップルは必ず破綻する
 
【つき合いの段階別の彼の心を取り戻す方法】
恋愛初期は「口説き」の高揚感を利用しよう
つき合い始めは嫉妬心で操る
深い関係になれば、あなたの魅力的価値を低下させないこと
倦怠期が訪れたらお母さんまたは秘書になる
別れを宣言される前に、自分から別れを告げよう



あなた自身の本質が分かる無料の占いサイト




お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP