Menu ▼



メニュー

恋愛戦を有利に戦うためには、同性への牽制が必要

同性を牽制して恋愛を有利に戦うためには、少しでもあなたの女子力をアップすることです。女子力をアップすれば、

@ あなたが好きな男性に対し、素直に好意のある態度を示すことができる

通常ならば、男性にあからさまに媚を売ると集団いじめに遭いますが、女性力を持っていると、あなたのことが怖いのでいじめることができません。だから好きな男性に堂々と媚を売って誘惑することができるのです。このメリットだけでも相当有利です。

A ライバルをいじめることができる
自分の好きな男性が、もし他の女性に近づこうものなら、その女性をひどい目に遭わせる事でストレスをかけることができます。狙いはその女性に「男にちやほやされて面倒なことになるのなら、ちやほやされなくてもいいから平穏に暮らしたい」と思わせることです。

B あなたが好きな男性には、他の女性が近寄りにくくなる
女性力のあるあなたの好きな男性に近づくことは、あなたにケンカを売る行為となります。他の女性にとっては、あけっぴろげにその男性に近づくことが難しくなり、これがお目当ての男性を横取りされにくくするのに有利となります。

でも、女子力のアップは、男性にとってはそれほど魅力的であるとは思ってはいませんが、いずれにしても、女子力をアップし、他の女性を牽制するためには、女性にとって何が必要なのでしょうか。検証してみましょう。



★ ファッション

最新流行のファッションをいち早く取り入れ、それを他のみんながマネし出す。いわゆる「ファッションリーダー」になることは、間違いなくクラスや会社で一目置かれる存在になることです。

★ 化粧
新しい色のシャドウやチーク、口紅が出ると真っ先にそれを試す女性。これもまた、ファッションリーダーと同様にみなされるでしょう。

★ スタイル
プロポーションがよい女性は、羨望のまなざしで同性から見られることは間違いありませんが、プロポーション自体は普通でも、体重を落とすことだけで勝ったような気になることはありませんか。また、よいプロポーションをしているにもかかわらず、悪口で「何よ!腕が太いくせに」と言われてけなされることがあります。
決して太っていないのに、やせたいという願望が生まれたり、部分やせに対して、異常に強い願望を持ってしまうのは、まさにこのためです。
こうした激しい女性同士の競争のために、男性があまり気にしていないにもかかわらず、体重減少に執念を燃やすのです。

★ ブランド商品
ブランド品やアクセサリーは女性の価値を示すものとして大昔から認められてきました。それが証拠に、エリザベスやマリアといった女王様たちは、装飾品にとてつもない巨額を投じました。つまりブランドやアクセサリーは、本来、男性が女性に経済的な価値を認めるために贈った証明書のようなものです。
もちろん、そのような資質がない女性でも、ブランド品を自分で購入することができますが、それは、男性からブランド品を贈られている女性に対抗していることに他なりません。それが証拠に、タレントになるようなルックスの持ち主は、実際に数十万円もするブランド品を、多くの男性から何十個となくもらっています。
このように、本来、ブランド品とは自分で買うものではなく、贈られるべきものなのですが、女性間の対抗意識が激しいために自分で買ってでも身につけるようになります。おかげでブランドメーカーだけ儲かっているということです。



★ スポーツ
これは、女性同士のみならず、男性同士でも広く競い合う道具として発達しています。
当然、スポーツで優秀な成績を残せば、女性同士の間で一目置かれます。ただし、これでモテモテになるためにはオリンピックレベルにまでいかねばなりません。モテ度で負けていても、スポーツで勝てば一応自尊心は満たされます。

★ キャリア
キャリアを積み、経済力、地位などを身につけることで、女性同士の競争で社会的に勝った気になります。モテない女性が世の中に対してモテ度以外で価値をアピールできる場です。勝つことは快感なのです。

このように、女性同士の間でかつ方法はいくらでも存在するでしょうが、これらの女子力をいくらアップさせたところで、男性から見て魅力ある女性になれるとは限りません。








お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP