Menu ▼



メニュー

女性が思う「きれい」も男性が考える「男の魅力」も違っている

女性は自分を魅力的に美しく見せるために、それこそ化粧やファッション、スタイル、ダイエット、喋り方からしぐさまで、あらゆるものに細心の注意を払い、努力をします。

ですが、そんな努力も、的はずれなものであってはまったく無意味です。

時間とお金と労力の浪費以外の、何ものでもありません。しかし、女性が考えている「女の魅力」が、男の考えている「女の魅力」とズレてしまっていることがどれほど多いことでしょう。

ここでは。「魅力」についての考え方が、男女でどうズレてしまっているのか、どうしてそのようなズレが出てしまうのかを、検証してみましょう。

「私、腕が太くて困っているの」とか、「もっと痩せたい」など、女性はとにかく自分のスタイルを気にするものです。

しかし、男性にしてみれば、その女性の腕が太いかどうかなど、思考の一部にものぼることはありません。それでも自分の腕が太いと思っている女性は、そのことをコンプレックスに持ち、悩んでいるものです。

また、むしろ男性は、女性は少しくらいふくよかなほうがいい、と思っている人が多いにもかかわらず、女性はそうは思っていません。

「彼は私がやせたらどのくらいきれいになるかきっとわかっていないだけよ」「痩せたらきっとびっくりするはずだから」と、本気で信じ込んでいます。




それは分からないわけではありませんが、体重100キログラムの女性が50キログラムまでやせることができれば、きっと見栄えも相当変わるであろうことが予想されます。

しかし、体重が50キログラムの女性が45キログラムになったところで、その違いは男性の注目を浴びるほどのものではありません。

このように、女性が理想とする「魅力あるスタイル」は、男性が考える理想をはるかに通り越し、反対に魅力が減退するくらいまで過熱しているケースがけっこうありますので、知っておきましょう。

男性も「男の魅力」を勘違いしているケースが多く、女性の思っている「男の魅力」とはかなりかけ離れているかもしれません。


一般に男は、肌の色の黒っぽさ、ヒゲ、硬派であること、肩で風切る歩き方、筋肉隆々の肉体、腕力の強さ、女性を喜ばせるテクニックなど、実にさまざまです。

しかし、実際、これらの項目のうち、女性が魅力的と感じるものがいくつあるでしょうか。きっと悲惨な結果になるしょう。

いっぽう、女性が考える男性の魅力とは、優しいこと、話がおもしろい、女性的な上品な顔立ち、お金を持っている、頭がよい、ファッションが洗練されている、誠実で規則を守る、ベッドの後でも優しいなど、男が考えているものとはかけ離れているのです。








お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP