Menu ▼



メニュー



噂による錯覚を利用して「モテる女」になろう

フィギュアスケートで浅田真央のような一流選手になりたいにもかかわらず、基礎トレーニングをバカにするのと同じで、恋愛で自分の理想を追いかける人は、モテない異性とのつき合いをバカにしています。

たとえば、モテない男性から告白されて「あいつ私に告白してきたのよ。10年早いわよ」などと言っている女性を、あなたは見かけたことがありませんか。「私に告白するなんて、失礼しちゃう」と、あなたは思ったことはありませんか。こういう女性は、自分がその「モテない男性」と同レベルに見られたことに腹を立てているのです。

しかし、他人から好かれようと努力するならば、「モテない男性」からも声がかかるのは、しごく当然のことではないでしょうか。「モテない男性」に好かれることは、スポーツでいえば、基礎トレーニング。これをバカにしていては、本当に好きな男性との恋愛で失敗します。これはスポーツで言えば、体の故障と同じです。

本当にモテて魅力ある女性になりたければ、恋愛への意欲は多くの男性にふりまかなければなりません。多くの男性に好かれてこそ、意中の相手からも好かれるようになるのです。

なぜならば、多くの異性に好かれることで、あなたの魅力がアップするからです。


たとえば、あなたが、あなたにとってはあまり魅力的でないと思う男性から、告白されたとします。それをムゲにせず、友達として優しく接していれば、その男性は男友だちに恋愛相談を持ちかけて、「○○さんのこと好きなんだ」と言いふらしてくれます。



さらに、別の人からも告白され、その人も友達としてキープしておけば、同じようにあなたは好かれて、彼はあなたのことを好きだということを言いふらしてくれるでしょう。
このようなケースが3人続くと、あなたのまわりの男性は「みんながあなたのことを好きだと言っている」と錯覚します。すると、あなたの意中の男性までも、あなたに興味を持つようになるのです。

つまり、これはあなたの魅力をアップさせるために非常に役に立っているわけで、「モテない男性」に告白されることは、実はあなたにとっては大切な勲章であり、財産となるのです。

男性の恋愛感情が嫉妬心によって燃え上がることは、さまざまな心理学の実験でも照明されています。

告白を多く受ければ、たとえその相手が「モテない男性」であっても、あなたへの注目度がアップし、魅力は断然上がるのです。つまり、いかにあなたの意中の男性を嫉妬させられるかがカギなのです。


「自分が対象外とする異性にも優しくする方針」を持っていると、誰からも好かれるようになり、あなたの魅力は格段に上がることでしょう。








お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP