Menu ▼



メニュー

妻になるのが幸せなのか、愛人になるのが幸せなのか?

★ 妻となる幸せのほかに、愛人になってしまうことが幸せになることだってあるのでしょうか。

一般的に、結婚しない女性は、孤独感があって不幸であり、「負け犬」のような印象を受けますので、世の女性たちは、何とか、結婚して恋愛の勝ち組になろうと頑張っているはずです。
ですが、結婚していないのに、悲劇ではない女性が世間には多くいます。

★ 愛人です。これが強烈な女の生き方なのです。
妻と張り合うこともできる恐ろしい女が愛人です。張り合うといっても、実際に会ってケンカをするということではありません。現実に、妻と愛人が会うのは、彼の葬式のときぐらいでしょう。

愛人になる女性は、
・結婚願望がなく、愛人になっている。
・結婚したかったが、男が結婚しているから愛人になった。
と二通りのタイプがいます。


どちらも強烈ですが、結婚願望があったほうは、「愛人」という言葉に抵抗を持っていて、最終的には、別れる場合が多い。結局、結婚できそうな男が現れたら、そちらに乗り換えるのです。結婚したいからです。愛人を10年続けていたが、40歳を過ぎた自分をもらってくれる相手が現れて、過去を許してくれたから、結婚するのです。

★ 一方、最初から結婚願望がまったくない女性は、妻のいる男とつき合って仲良くなると、「愛人にして」と自ら口にするものです。そして、愛人としての「仕事」を始めるのです。



まず、一番重要なのは、夜の相手でしょう。
愛人は大半が彼の妻よりも若いはずですから、夜の相手としては優位に立っています。
また、愛人は、美人系の女性でしょう。基本的にブサイクな女性で愛人になっている人は誰もいないはずです。

だから、当然、ベッドインでは燃え、愛人は、彼を癒そうとして努力し、自らも美しくなろうとします。

それは、愛人の仕事です。働きながら誰かの愛人を続けている女性は、その男に財力がなくて働いているのです。それ以外の愛人は、ベッドインをするためだけに、簡単な仕事をしながら、男の金でマンションで暮らしているのです。

お金が必要だから、当然、彼の仕事がうまくいくように努力するのは、妻と一緒なのです。妻は家庭内で努力し、愛人は外で、彼の仕事のフォローをしており、妻とほとんど変わらないともいえるでしょう。

★ もし、結婚願望がないのなら、愛人になることも悪くはないはすです。
ただし、愛人には、「美しいこと」「夜の生活が好きなこと」の2点がないとなれないのも事実です。


愛人は、とにかく「美」の象徴であり、一方、妻は、「母親」の象徴なのです。
こういう愛人は、道徳的な女性からは軽蔑されているかもしれませんが、男たちからは、とても感謝されています。

また、愛人になるためには、まず、成功者の愛人になることが必要で、お金を持っていない男じゃないと意味がありません。愛人で生活するにはお金がかかります。エステにしても、高級ホテルに泊まるにしても、お金は彼が出すはずですから、お金のない彼の愛人になることだけはやめておきましょう。








お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP