Menu ▼



メニュー

いい男と結婚できるのは、我慢と忍耐力のある女性

結婚できる女性はどんな女性かと尋ねたら、「そんなこと女性なら誰でもできるでしょう」という返事が返ってきそうですが、そんなことはありません。

★ 結婚生活を安定していくためには、ある種の才能がいることで、つまり女性が耐える才能が必要なのです。忍耐、努力、我慢、寛容、というものが必要になってきます。

もちろん、それを必要としない結婚もあります。いわゆるダメな男、役に立たない男と結婚すれば、それらは必要ないでしょう。

ですが、「できる男」や「一流の男」と結婚すると、当然、絶える時間が多くなります。仕事は忙しいし、会社ではOLからの誘惑があり、どんなに愛妻家の男でも、妻よりも若い女に誘惑されて黙っている男はいないはずです。

いい男ではなく、ダメな男と結婚するなら、そんな心配もいらないでしょう。でも、こんな男はトラブルにも弱いし、イザ困ったときには、あなたを守ってくれることもないし、率先して自分だけが逃げ出すでしょう。

こんな男は、息子が大きくなって暴力を振るう反抗期になったら、息子に負けてしまうような父親になるだろうし、大地震がきたら真っ先に死んでしまうでしょう。

いい男は浮気をしようとするのではなく、周囲の女性に魅力的だと思われて、自然と誘われてしまうのです。いい男はモテるから、それぐらい我慢する必要あるのです。



★ 「そんなバカな話はないわ」という女性は、結果的にどうでもいいような男と結婚生活を送ることになります。そして、そんなダメ男と結婚した女性は、「優しいからいいの」といって納得しているのです。

ですが、こんな男では、あなたが病気になったときの医療費も払えないし、あなたが交通事故に遭ったときさえも、うろたえるばかりで何の処理能力もないのです。

★ いい男と結婚する才能がある女性は、我慢できるのです。仕事で遅くなっても我慢し、仕事でどこかに出張してしまっても我慢します。仕事で、会社のOLと飲みにいっても我慢します。飲んだ後、ひょっとしたら、誘惑されているかもしれない時間になっても我慢するのです。

いい男は、倒れるまで仕事をし、接待で飲んで肝臓を壊し、女たちからの誘惑に悩み、人生を突っ走っているのです。

ゆっくり歩いているダメ男とは違うのです。だから、できる男疲れるのですが、それを口にはしません。それをじっと見ている妻は、その夫に、「家事を手伝え」とは言わないのです。なのに、知識人の女たちは、「家事を手伝わない男は最低だ」と口うるさく罵っているのです。

あなたが結婚を考えているなら、男と女の役割を無視しようとしている知識人たちの言葉を真に受けないことです。大人のいい女こそ、いい男を仕留めることができるのです。






お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP