Menu ▼



メニュー

前向きな人生をイメージすればハッピーがついてくる

まず、「イヤ」とか「イヤよ」を連発しないことです。

最近はこの「イヤよ」をすぐに口に出す女性がふえています。疲れているときにベッドインを求められて「イヤよ」というのは、理由があるのは当然ですが、昔なら妻は養われていたという意識が強いため10人中9人が応じたといわれていますが、現在では、10人中3人程度しか応じないとか。



これらの「イヤよ」はまだ許せるにしても、次のような「イヤよ」は男性にとって一番困ります。
「沖縄に転勤になったよ」
「わたしはイヤよ。一人で行って」


こういう例は、会社勤めの転勤はつきもので、それは栄転であることが多く、あるいは将来の出世が約束されるような場合もあります。

男は転勤命令を拒否することはできない仕組みになっていますが、ただし、「いつまでに戻ってこれる」という保証もないため、やはり家族がいっしょに行かないと、家庭は分裂してしまう可能性があります、にもかかわらず、「イヤだ」という奥さんがいます。

会社を辞める問題ほど深刻ではありませんが、二人がお互いに働いていた場合は、夫の転勤は大きな問題です。

ケース・バイ・ケースですが、夫としては妻が仕事を辞めてくれることを望んでおり、保守的といわれようと、男の本心はそうなのです。

男と女が愛し合っていれば、いっしょに暮らすのが自然であり、いっしょにいれば子供ができ家族が形成され、次に子育てや教育の問題が出てきて、ますます家族は離れがたくなります。これが家族の基本形ではないでしょうか。



日常のこまごました場面での「イヤよ」は許されますが、転勤とか転職といった、これから先の人生を大きく変えるかもしれない重大な決断を男がしたとき、それを否定されるのは、男にとってはいちばんつらいことなのです。

だいたい「イヤよ」が口癖なっている人の人生は、ロクなことになりません。人生にはある偉大な法則があって、それは「人生はその人の描く通りになる」というものです。

つまり「いいことを思えばいいことが起こり、悪いことを思えば悪いことが起きる」ということです。


この法則に従えば、「イヤよ」と否定形を連発している人は、いつも否定しなければならないようなことばかり心に思い描いているのですから、楽しい人生を送れるはずがありません。

転勤が「イヤ」だという妻も、転勤先での生活が不安、友人知人がいない、子供がいじめにあいやすい、などと心の中でイメージするのでしょうが、現実ではありません。

まずは、現実に起こってもいないことを、自分の頭の中で勝手に悪いイメージを作らないことが大切です。







結婚相手に選ばれやすい女性の恋愛思考や特徴とは
【一流の男に選ばれ愛される女性とは】
一流の男は内面から輝く女性のオーラに惹きつけられる
男がそばにいて守りたくなる女性になろう
「男の気持ちを読める女性」を一流の男は手放さない
心の切り替えが早くできる女性は一男の心を惹きつける
損得勘定のない女性は魅力的で顔が輝いている
感情的にならず心に余裕がある女性は男を魅了する
輝いている女性はワンランク上を目指し男が手放さない
しなやかな強さのある女性を一流の男は手放さない
細やかな思いやりのある女性は一流の男に愛される
言葉づかいのきれいな女性は一流の男に愛される
【結婚相手に選ばれる女性・選ばれない女性の違いって何?】
結婚できる女性は失恋しても恋愛スイッチは絶対にオフにしない
結婚できる女性は「自力の婚活」と「婚活サービス」を使い分ける
結婚できる女性は、「おひとりさまもいいかな」と思える人
結婚は、出会いが当たり前になった頃にやってくる
告白に失敗しても交友関係は大事にしよう
結婚できる女性は真剣な婚活よりラフで楽しい婚活
結婚は自分と結婚した女性の違いを知ることが大切
結婚できる女性は程よい距離感を保ち可愛さを演出
結婚できる女性はプラス言葉が口癖になっている
男性は、短気でヒステリーになりやすい女性をもっとも嫌う
ちっちゃな飲み会でも自分でセットできる女性は結婚できる
男心の深読みは、見当違いで婚期を逃す
男の視野を狭める女性は敬遠される
【結婚相手に選ばれるのは男性が心に描く条件に合致?】
男が考えている「結婚したい女性」とはこういう女性
「女が男を選ぶ時代」でも、あなたの魅力が条件
男が魅力に感じる「女性の魅力」の中身とは
容姿やスタイルよりも男が気にすること
金銭感覚のずれは結婚継続の致命傷になることも
精神的「親離れ」ができていない人とは暮せない
自分とテンポが合うか、合わせることができる人か?
前向きな人生をイメージすればハッピーがついてくる
男のプライドを傷つける女性は百害あって一利なし
結婚しても働きたいあなたへのアドバイス
男の女性に対する所有欲と権利意識について
男の気持ちがすぐ冷めやすいタイプ、冷めにくいタイプ
男はどこで「合う女」「合わない女」を判断するのか



あなた自身の本質が分かる無料の占いサイト




お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP