Menu ▼



メニュー

男が魅力に感じる「女性の魅力」の中身とは

男性にとってどんな女性が最高なのでしょう。それを知ることは、あの孫子の「敵を知り己を知れば百戦するも危うからず」の戦略の第一歩です。

「男が女に望むもの? 決まってるじゃない。美人で、気だてがよくて、おしとやかで、何でもハイハイと男のいうことを聞いて、ベッドテクニックも上手で、家事もしっかりできて、お金の管理もきっちりやれる。そういう女なのよ」

たしかにこれだけそろえば、まあ男として文句はありません。
「いい女」の条件としては、次のようなものがあげられるでしょう。



@ 外見を美しくしておこう
「心が美しければ、それでいい」と思っている人もいますが、いつの時代でも、女性の第一印象は外見で決まるのは当たり前なのです。外見を飾って美しくしていないと、次のステップまでたどり着けないからです。

A 話題が豊富なこと
女性は控え目の魅力で売れていた時代もありましたが、今は、話題が豊富にあって、自己表現できなければ、男は魅力を感じなくなりました。

B ベッドテクニックが必要
昔なら、「バカなことを言うな」と一喝されたでしょうが、現在は、ベッドでのテクニックは、男と女の愛情を確かめるためには、必要な技術です。

C 洗練された女性であること
かつては、「主婦らしさ」とか「母らしさ」といわれたように良妻賢母型の女性が望まれましたが、現在では、妻や母の前に、ひとりの女性として魅力が必要になった。具体的にはファッションも大切です。



D 遊び感覚を持っている女性
生真面目でお堅いだけの女性より、「人生をもっと楽しむ」「心の余裕を持つ」など、日常生活が輝いているような女性が好まれます。

E 自分の経済力を持つ女性
かつて女性は結婚したら家の中にいるもの、お金は夫からもらうという考え方が支配的でしたが、現在では、結婚しても自由に旅行したり一人で何かを楽しめるように、経済的に独立することが、逆にいい女になる条件となっています。

F 料理の腕を磨いている女性
グルメブームでもわかるように、どういう時代になって、料理のうまい女性は素敵なのです。それだけのために、男は真っ先に家に帰ってくるものです。だから、料理の腕だけは磨いておきましょう。

G 理性的に振る舞える女性
女性は感情的な動物ですが、理性的に振る舞えなければ、男と対等にはつき合えない。





結婚相手に選ばれやすい女性の恋愛思考や特徴とは
【一流の男に選ばれ愛される女性とは】
一流の男は内面から輝く女性のオーラに惹きつけられる
男がそばにいて守りたくなる女性になろう
「男の気持ちを読める女性」を一流の男は手放さない
心の切り替えが早くできる女性は一男の心を惹きつける
損得勘定のない女性は魅力的で顔が輝いている
感情的にならず心に余裕がある女性は男を魅了する
輝いている女性はワンランク上を目指し男が手放さない
しなやかな強さのある女性を一流の男は手放さない
細やかな思いやりのある女性は一流の男に愛される
言葉づかいのきれいな女性は一流の男に愛される
【結婚相手に選ばれる女性・選ばれない女性の違いって何?】
結婚できる女性は失恋しても恋愛スイッチは絶対にオフにしない
結婚できる女性は「自力の婚活」と「婚活サービス」を使い分ける
結婚できる女性は、「おひとりさまもいいかな」と思える人
結婚は、出会いが当たり前になった頃にやってくる
告白に失敗しても交友関係は大事にしよう
結婚できる女性は真剣な婚活よりラフで楽しい婚活
結婚は自分と結婚した女性の違いを知ることが大切
結婚できる女性は程よい距離感を保ち可愛さを演出
結婚できる女性はプラス言葉が口癖になっている
男性は、短気でヒステリーになりやすい女性をもっとも嫌う
ちっちゃな飲み会でも自分でセットできる女性は結婚できる
男心の深読みは、見当違いで婚期を逃す
男の視野を狭める女性は敬遠される
【結婚相手に選ばれるのは男性が心に描く条件に合致?】
男が考えている「結婚したい女性」とはこういう女性
「女が男を選ぶ時代」でも、あなたの魅力が条件
男が魅力に感じる「女性の魅力」の中身とは
容姿やスタイルよりも男が気にすること
金銭感覚のずれは結婚継続の致命傷になることも
精神的「親離れ」ができていない人とは暮せない
自分とテンポが合うか、合わせることができる人か?
前向きな人生をイメージすればハッピーがついてくる
男のプライドを傷つける女性は百害あって一利なし
結婚しても働きたいあなたへのアドバイス
男の女性に対する所有欲と権利意識について
男の気持ちがすぐ冷めやすいタイプ、冷めにくいタイプ
男はどこで「合う女」「合わない女」を判断するのか



あなた自身の本質が分かる無料の占いサイト




お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP