Menu ▼



メニュー

男が考えている「結婚したい女性」とはこういう女性

いま結婚をめぐる状況は女性に有利になっていますが、よきパートナーを得るためには、女性はもっと男性について知り、精神的距離を縮める必要があると思います。

よくマスコミが女性の好感度調査を発表していますが、総括的に言えることは、美人でもなく、男心をそそるような色気の持ち主でもなく、どちらかといえば、頭の回転の早さ、飾らない明るさ、はっきりしたものいい、やや中性的でこれらの要素がミックスされたようなユニークな個性が受けているようです。



一方、人気番組を見ますと、いつの時代でも必ず舌足らずで幼児性丸出しの「おばかタレント」といわれるような女性が活躍しています。

もちろん、演技で「おばかキャラ」を演じている部分もあるでしょうが、それでも、男から見て魅力的な女性であることが、いまも昔も変わらないようです。

とくに最近はかつての男が持っていたたくまさしさや雄々しさが失われ、全体的に女性が強くたくましくなってきているので、幼児性のある女性は、弱くなってしまった男には貴重な存在なのです。

ある女性誌によると、これから結婚しようとする男性が、妻となる女性に求める人柄というのは、次の四条件だそうです。

@ やさしさ
A 素直さ
B 明朗さ
C 協調性



ここからわかることは、男が自分の妻になる女性に求める条件は、きわめて保守的なものだということです。やさしくて、素直で、明るくて、協調性がある、これはいまにはじまったことではなく、むかし仲人が見合い話をもってくるときに、必ずいったセリフでした。

この四条件をクリアしている女性であれば、人間性の面では男はいうことはありません。不思議なことにテレビの人気者は常に、この条件をクリアしています。

また、もし自分が間違ったら「ゴメン」と素直にあやまる人に見えますと、明るさにかけても申し分がなく、協調性が十分あるように見受けられます。

最近(2016)の人気タレントには、1(綾瀬はるか)、2(浅田真央)、3(天海祐希)、4(DREAMS COME TRUE)、5(杏)、6(いきものがかり)、7(小泉今日子)、8(北川景子)、9(新垣結衣)なとが選ばれているようです。

つまりいま男が求めているのは、自分のプライドを傷つけられないで、安心してつき合える女性といえそうです。







結婚相手に選ばれやすい女性の恋愛思考や特徴とは
【一流の男に選ばれ愛される女性とは】
一流の男は内面から輝く女性のオーラに惹きつけられる
男がそばにいて守りたくなる女性になろう
「男の気持ちを読める女性」を一流の男は手放さない
心の切り替えが早くできる女性は一男の心を惹きつける
損得勘定のない女性は魅力的で顔が輝いている
感情的にならず心に余裕がある女性は男を魅了する
輝いている女性はワンランク上を目指し男が手放さない
しなやかな強さのある女性を一流の男は手放さない
細やかな思いやりのある女性は一流の男に愛される
言葉づかいのきれいな女性は一流の男に愛される
【結婚相手に選ばれる女性・選ばれない女性の違いって何?】
結婚できる女性は失恋しても恋愛スイッチは絶対にオフにしない
結婚できる女性は「自力の婚活」と「婚活サービス」を使い分ける
結婚できる女性は、「おひとりさまもいいかな」と思える人
結婚は、出会いが当たり前になった頃にやってくる
告白に失敗しても交友関係は大事にしよう
結婚できる女性は真剣な婚活よりラフで楽しい婚活
結婚は自分と結婚した女性の違いを知ることが大切
結婚できる女性は程よい距離感を保ち可愛さを演出
結婚できる女性はプラス言葉が口癖になっている
男性は、短気でヒステリーになりやすい女性をもっとも嫌う
ちっちゃな飲み会でも自分でセットできる女性は結婚できる
男心の深読みは、見当違いで婚期を逃す
男の視野を狭める女性は敬遠される
【結婚相手に選ばれるのは男性が心に描く条件に合致?】
男が考えている「結婚したい女性」とはこういう女性
「女が男を選ぶ時代」でも、あなたの魅力が条件
男が魅力に感じる「女性の魅力」の中身とは
容姿やスタイルよりも男が気にすること
金銭感覚のずれは結婚継続の致命傷になることも
精神的「親離れ」ができていない人とは暮せない
自分とテンポが合うか、合わせることができる人か?
前向きな人生をイメージすればハッピーがついてくる
男のプライドを傷つける女性は百害あって一利なし
結婚しても働きたいあなたへのアドバイス
男の女性に対する所有欲と権利意識について
男の気持ちがすぐ冷めやすいタイプ、冷めにくいタイプ
男はどこで「合う女」「合わない女」を判断するのか



あなた自身の本質が分かる無料の占いサイト




お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP