Menu ▼



メニュー

男性は、短気でヒステリーになりやすい女性をもっとも嫌う

男には、どうしても受け入れがたい女性の癖というか性格があります。それは、「短気でヒステリックになりやすい女性」で、会話をしていても、ちょっと気に入らないことがあると、すぐに切れてヒステリックになって攻撃的な態度を取るような女性です。



感情的になって、自分自身の今の状況を客観的に見ることができないため、冷静に話し合うことができず、アドバイスもできません。

それまでどんなによい関係ができていても、これを男性が女性のなかに垣間見た瞬間にふたりの関係は終わります。短気でヒステリックな女性は、男性がもっとも避けたい存在なのです。

男性は、そういう女性とは交際したいと思わないし、ましてや結婚して一緒に家族になりたいなどとは思いません。

もちろん、交際中の男性が、あなたを心底怒らしたような場合は別です。たとえば、「彼が浮気をした」とか「あなたのお金を無断で使い込んだ」場合です。こんなときは、しっかりと怒りを爆発させるべきであり、こんなときに怒らなければ、「ただのお人よし」でしかありません。

そうではなく、ふだんのちょっとした意見の行き違いがあったぐらいで、感情のコントロールができず、キーキーと甲高い声で高圧的な態度をとるようであれば、おそらく致命的でしょう。

あなたは完全に結婚できない仲間入りになることでしょう。



でも、相手の悪かったことと、自分が悪かったことを冷静に判断でき、そのうえで、彼に直して欲しい部分を意見し、そして、自分もここは改めます、ということが言える女性であれば心配ありません。

逆に「雨降って地固まる」で、それまで以上に親密になるかもしれません。

だいたい、女性がヒステリーを起こしやすいときは

★ 生理前
★ 仕事中は冷静になっていますが、家族や恋人を相手にするとき
★ 相手が自分の思うように動いてくれないとき
★ 日頃溜め込んだストレスが発散できないとき

といったことが挙げられます。まずは自分の生活・行動パターンを冷静に分析しましょう。それによっても、問題の解決策は変わってきます。

また、どんな時にあなたのヒステリーが起きやすいかという傾向を知っておくことで、あらかじめ感情をコントロールするための心構えもできるでしょう。

結婚できない女性は、ヒステリックに相手だけを責めますが、結婚出来る女性は、自分の言動を客観的に分析できます。








結婚相手に選ばれやすい女性の恋愛思考や特徴とは
【一流の男に選ばれ愛される女性とは】
一流の男は内面から輝く女性のオーラに惹きつけられる
男がそばにいて守りたくなる女性になろう
「男の気持ちを読める女性」を一流の男は手放さない
心の切り替えが早くできる女性は一男の心を惹きつける
損得勘定のない女性は魅力的で顔が輝いている
感情的にならず心に余裕がある女性は男を魅了する
輝いている女性はワンランク上を目指し男が手放さない
しなやかな強さのある女性を一流の男は手放さない
細やかな思いやりのある女性は一流の男に愛される
言葉づかいのきれいな女性は一流の男に愛される
【結婚相手に選ばれる女性・選ばれない女性の違いって何?】
結婚できる女性は失恋しても恋愛スイッチは絶対にオフにしない
結婚できる女性は「自力の婚活」と「婚活サービス」を使い分ける
結婚できる女性は、「おひとりさまもいいかな」と思える人
結婚は、出会いが当たり前になった頃にやってくる
告白に失敗しても交友関係は大事にしよう
結婚できる女性は真剣な婚活よりラフで楽しい婚活
結婚は自分と結婚した女性の違いを知ることが大切
結婚できる女性は程よい距離感を保ち可愛さを演出
結婚できる女性はプラス言葉が口癖になっている
男性は、短気でヒステリーになりやすい女性をもっとも嫌う
ちっちゃな飲み会でも自分でセットできる女性は結婚できる
男心の深読みは、見当違いで婚期を逃す
男の視野を狭める女性は敬遠される
【結婚相手に選ばれるのは男性が心に描く条件に合致?】
男が考えている「結婚したい女性」とはこういう女性
「女が男を選ぶ時代」でも、あなたの魅力が条件
男が魅力に感じる「女性の魅力」の中身とは
容姿やスタイルよりも男が気にすること
金銭感覚のずれは結婚継続の致命傷になることも
精神的「親離れ」ができていない人とは暮せない
自分とテンポが合うか、合わせることができる人か?
前向きな人生をイメージすればハッピーがついてくる
男のプライドを傷つける女性は百害あって一利なし
結婚しても働きたいあなたへのアドバイス
男の女性に対する所有欲と権利意識について
男の気持ちがすぐ冷めやすいタイプ、冷めにくいタイプ
男はどこで「合う女」「合わない女」を判断するのか



あなた自身の本質が分かる無料の占いサイト




お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP