Menu ▼



メニュー

結婚は自分と結婚した女性の違いを知ることが大切

兵法書のなかに、戦いに勝ち抜くには、「自分を知ると同時に、相手のことも知らなければ戦いには勝てない」という言葉があります。

これは、そのまま恋愛にも当てはまることで、自分が結婚したいのなら、結婚できた人の情報を集めて、自分と比較することが何よりも必要です。



結婚できた人は、できた人なりに何かを持っているからです。


★ 婚活には何回ぐらい参加したのか?
★ どういう人が集まる出会いに参加していたのか?
★ 見た目の美しさとか立ち居振る舞いの上品さなのか?
★ コミュニケーションとか話題の豊富さなのか?

それらをはっきりさせるだけで、具体的な対策を講じることができます。

婚活は、ある部分では就活にも似ている部分もあります。あるいは、ビジネス上でのコラボレーションや企業合併とも似ている部分があります。自分に何らかの能力、資格、適性が欠けていれば、希望が叶うことがありません。

もし、あなたが結婚できていないのに、何か足りない部分があるのではないかと思えるのであれば、早急に、何が不足しているのかを客観的に自己評価してみることが必要です。

結婚できない人の多くは、ズバリ「笑顔に乏しく女性としての愛嬌や柔らかさ」という部分が欠けている部分があります。




これは、学歴や仕事の能力などとはまったく関係ないものであり、女性としての本質が不足しているのです。

女性の本質とは、やさしさ、包容力、慎ましやかさ、愛情の豊かさ、愛嬌、愛らしさなどといったものであり、これらが不足している女性は、笑顔がなく、顔にはいつも眉間に縦ジワが寄って、男を競争相手のように思っているような雰囲気が漂っていると思っていいでしょう。

それでは、女性らしさというか、女性の本質が発揮されれば、どういう雰囲気になるのか言えば、「いつも明るく笑顔で挨拶ができ、しなやかで包容力がある」ことだと思います。

何回も出ていますが、「類は友を呼ぶ」のが社会生活上の原則ですので、女性らしさのない人には、男らしい「いい男」が、恋人や結婚相手になることありえないということです。

社交的でない、初対面が苦手、男友だちを作るのが苦手という人は、とくにこの点を改善することが大切です。

結婚できない女性は、自分に足りない部分を認めようとしませんが、結婚できる女性は、自分の足りない部分を冷静に見つめ、具体的な対策が取れる人です。







結婚相手に選ばれやすい女性の恋愛思考や特徴とは
【一流の男に選ばれ愛される女性とは】
一流の男は内面から輝く女性のオーラに惹きつけられる
男がそばにいて守りたくなる女性になろう
「男の気持ちを読める女性」を一流の男は手放さない
心の切り替えが早くできる女性は一男の心を惹きつける
損得勘定のない女性は魅力的で顔が輝いている
感情的にならず心に余裕がある女性は男を魅了する
輝いている女性はワンランク上を目指し男が手放さない
しなやかな強さのある女性を一流の男は手放さない
細やかな思いやりのある女性は一流の男に愛される
言葉づかいのきれいな女性は一流の男に愛される
【結婚相手に選ばれる女性・選ばれない女性の違いって何?】
結婚できる女性は失恋しても恋愛スイッチは絶対にオフにしない
結婚できる女性は「自力の婚活」と「婚活サービス」を使い分ける
結婚できる女性は、「おひとりさまもいいかな」と思える人
結婚は、出会いが当たり前になった頃にやってくる
告白に失敗しても交友関係は大事にしよう
結婚できる女性は真剣な婚活よりラフで楽しい婚活
結婚は自分と結婚した女性の違いを知ることが大切
結婚できる女性は程よい距離感を保ち可愛さを演出
結婚できる女性はプラス言葉が口癖になっている
男性は、短気でヒステリーになりやすい女性をもっとも嫌う
ちっちゃな飲み会でも自分でセットできる女性は結婚できる
男心の深読みは、見当違いで婚期を逃す
男の視野を狭める女性は敬遠される
【結婚相手に選ばれるのは男性が心に描く条件に合致?】
男が考えている「結婚したい女性」とはこういう女性
「女が男を選ぶ時代」でも、あなたの魅力が条件
男が魅力に感じる「女性の魅力」の中身とは
容姿やスタイルよりも男が気にすること
金銭感覚のずれは結婚継続の致命傷になることも
精神的「親離れ」ができていない人とは暮せない
自分とテンポが合うか、合わせることができる人か?
前向きな人生をイメージすればハッピーがついてくる
男のプライドを傷つける女性は百害あって一利なし
結婚しても働きたいあなたへのアドバイス
男の女性に対する所有欲と権利意識について
男の気持ちがすぐ冷めやすいタイプ、冷めにくいタイプ
男はどこで「合う女」「合わない女」を判断するのか



あなた自身の本質が分かる無料の占いサイト




お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP