Menu ▼



メニュー

秀でた才能よりも最後は情熱のある男が生き残れる

人間は自分の才能を低く評価しがちですが、自信のある人は、自分の実力や才能を過大評価することがあります。
あなたの会社にも、自信過剰で図太い人がいるのではないでしょうか。

そういう人は、自分の能力はこんなにもあるのに、なぜもっと活用してくれないのか、とか、あるいは、もっと活躍できる場を与えてくれと、上司に進言したりします。

責任ある仕事を任せられていないのには、いろいろ事情があるにしても、このように自己アピールが強く、そのうえ、自信たっぷりで思い込みの激しい人は、チャンスを与えますと、実力以上の能力を発揮することは珍しいことではありません。

結婚相手としては、こういう男がいいのです。


大学の入学試験などでは、暗記力の強さが有利に働くため、そういう能力に長けた人は、試験の範囲と限られた時間の範囲内では、常に有利に立つ可能性がありますが、社会に出ますと、そういう能力とは全く違う能力がモノを言います。

限られた時間内では、頭の切れの良い人が常に能力を発揮しますが、仕事になりますと、そういう瞬間的な能力よりも、一つの仕事や課題に対して、徹夜してでも、ぶっ通しで考え続け、問題解決の糸口を発見するほうが大切なのです。

要は、社会に出ますと、限られた短い時間で試験の回答を出すよりも、十分時間をかけじっくり考える人に軍配が上がるケースが多いということです。



数学は「1+1」は常に「2」になりますが、仕事では、「1+1」が「3」になったり、「4」になったりすることはいくらでもあります。そこが試験とは大変違うところです。

学校の試験や入社試験では、その人間の本質である粘り強さとか説得力、それにその人の願望とか強い思い込みなどは意味をなしませんが、仕事をしたり何かを完成させたりするようなうえでは、強烈な思い込みや情熱は非常に大切になります。

思いこみはや情熱は、大きな願望を達成させるエネルギーの役割を果たすわけで、一度エネルギーに火がついてしまえば、自然と燃え上がっていくものです。

いくら頭が良く、記憶力がすぐれていても、認められなければどうしようもありません。

だからビジネス社会では少しぐらい人より秀でた才能があっても、引っ込み思案であれば芽が出ることがむずかしいのです。

一方、たいして見るべき才能がなくても、思いこみが激しく、集中力と情熱のある人のほうが、成功する確率ははるかに高いのです。


「能なしの口たたき」ということわざもあります。

無能なくせに、よくしゃべる、という軽蔑の意味が込められていますが、能なしだからこそ、しゃべらなければ認められないし、むしろ積極的に発言の機会を狙うべきなのです。








お役立ちサイト


Copyright(c)2015 間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方 all rights reserved.
. 
  △TOP